Three Fields Entertainmentは、レースゲームシリーズの最新作『Dangerous Driving 2』を正式発表した。対応プラットフォームはPlayStation 4Xbox One、PC、そしてシリーズで初めてNintendo Switchサポート2020年のホリデーシーズンに発売予定となっている。

 バーンアウトシリーズの精神を受け継ぐことで知られる同シリーズだが、今作では「オープンワールド」と「マルチプレイ」がゲームの大きな特徴とされている。スクリーンショットも公開されておらずゲーム内容の詳細は一切不明ながら、バーンアウト パラダイスに近いゲームプレイにも期待してしまうところだ。

(画像は『Dangerous Driving 2』公式サイトより)

 開発のThree Fields Entertainmentは、イギリスに拠点を置くゲームデベロッパー。『バーンアウトシリーズのCriterion Gamesを設立したアレックスワード氏とフィオナ・スペリー氏が2014年に設立した。
 『バーンアウトシリーズ精神的続編を作るために設立されたデベロッパーであり、これまではいくつか資金を集めるための小規模作品を作りながら、2019年に『Dangerous Driving』をリリースしている。

 その『Dangerous Driving』は、クラッシュ要素やライバルの車両を破壊するといった攻撃的なレースゲームとして『バーンアウトシリーズエッセンスを見事に再現。一方でそのゲームスタイルは、決められた公道を走る『バーンアウトパラダイス』以前のシリーズに似た作品だった。

 そして2014年の設立から6年、『バーンアウトパラダイス』のリリースから12年目で、ついに「オープンワールド」を採用したレースゲームThree Fields Entertainmentからリリースされる。

 Gamatsuが公開したプレスリリースによると、プレイヤーダイナミックオープンワールドの中でさまざまなイベントに参加したり、自由にドライブを楽しむことができるという。ゲームシングルプレイや分割画面マルチプレイで遊ぶことができるが、最高の挑戦に望みたいならオンラインでさまざまなプレイヤーと競い合うこともできる。

 Three Fields Entertainment公式サイトではメーリングリストの登録者を募集しており、加入者の中から抽選で毎月「我々の次のゲーム」が当たるそうだ。また、海外のイベントPAX East」にもNintendo Switch版を出展する予定とのことで、さらなる情報に期待したい。

ライター古嶋 誉幸

一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter@pornski_eros