ブラック企業」というワードからイメージするのは、人格を無視したパワハラを平気で行うような職場ではないでしょうか。

悩むビジネスマン
※画像はイメージです(以下同じ)
 しかし実際には、真綿で首を締めるようにじわじわと善良な社員を苦しめるブラック企業も存在しているようです。今回、都内の出版社で働いていた田澤久良さん(仮名・25歳)に話を聞くことができました。

非正規なのに、正社員並みの働き方

「私にとって2社目でした。1社目を体を壊して辞め、何もしていなかった間に紆余曲折を経て拾ってもらったんです。親切な同僚が多くて、最初はブラックなことに全く気が付きませんでした」

 けれども入社してしばらくすると、田澤さんは徐々に違和感を抱き始めたそうです。

「私は非正規社員の事務として勤務していました。経費精算や電話応対、雑誌アンケートの集計業務などのいわゆる雑務が担当でした。

 しかし、求められるのは『正社員並み』の働き方。自分で率先して仕事を見つけるように言われることも多々あり、ときには事務の仕事の範疇を超えることも。当然のように残業も増えていきました」

50代の先輩社員に物を教えることも

プレゼンを行うビジネスウーマン

 にもかかわらず非正規社員なので給料は雀の涙だったとか……。田澤さんはだんだんやりきれない想いが募っていったようです。

「ずっと在籍していて、恐らく私の5倍の給料はもらっているであろう50代の先輩社員にパソコンでの経費精算のやり方を教えたこともありました。

 本来は私が業務を教わる立場のはずなのに、『自分は一体何をしているんだろう』と虚しさを感じずにはいられませんでした」

給料アップの交渉をしてみたが…

PCを教える若手

 そんなモヤモヤとした日々が続く中、田澤さんは上司に「給料をあげてほしい」という要望を出したとか。

「まず上司には『無理だ』と一蹴されました。『総務に言ってみてくれ』の一点張りで、本当に他人任せだなと思いました。言われた通り総務に相談するも『あなたの業務を把握してないので難しい』と言われてしまいました。つまり、誰も私のことを管理してないことが分かったのです。正直がっかりしましたね」

 同僚にことの顛末を話しましたが、みんな過去に同じような経験があったようです。

「社内で誰も社員の働きぶりを管理しておらず、不満に思っても物申せない雰囲気が漂っていました。また、上層部は社員から出る改善要望を聞いているフリをしているだけで、実際は何もしてないのがバレバレでした」

 結果的に、優秀な人から順番に辞めていき、日和見主義のベテランだけが残っているという悲惨な状況に陥っていたと田澤さんは分析します。

先輩のお局さんにいびられ始める

 さらには、とあるイザコザが原因で先輩女性社員との関係性が悪くなっていきます。

「いつも新聞を読んで座っているだけの女性秘書に挨拶を無視されるようになりました。どうやら常務へ電話を取り次いだ際に、その秘書を通すという暗黙のルールを破ってしまっていたようです。他の社員もいるオフィス内で『なんで私に言わないのよ!』と理不尽に怒鳴られました」

 聞くところによると、彼女は田澤さん以外の社員にも迷惑をかけるトラブルメーカーだったようです。

「私だけでなく社内に何人も敵を作っている人物でした。でも目を付けられるのが怖いから、みな表面上はニコニコ接しています。どの部からも見放されて、回り回って秘書になった経緯があったそうですが、実際のところ秘書とは名ばかりでお荷物的な存在として、いつもデスクで暇そうにしていましたね」

朝の布団から出られなくなる

寝坊

 そして入社して1年近くが経った頃、田澤さんにある異変が起こります。

「ある朝、目を覚ますと頭は動いているのに身体が言うことをきかなかったんです。危険信号だと思いましたね。もうそろそろこの会社で働くのは限界なのかなと感じるようになりました」

 それでも田澤さんは午前休をとって午後から出社したり、仕事の負担を減らしてもらったりして、なんとかして働き続けようという努力をしました。

「でも相変わらず給料は低いし、嫌がらせをしてくる先輩にも耐え切れなくなってきたし、体調は悪化する一方だったので、諦めて退職しました。今はコンサル会社で正社員として働いています。思えば、もっと早く見切りをつければ良かったなと後悔しています」

 個人の力でブラック企業に立ち向かっても、長く続いた会社の体制はそう簡単には変わらないのが世の常。早めに見切りをつけて別の道を探すのが得策のようです。

― 特集・令和の「ブラック企業」事件簿 ―

TEXT/永代 明介 イラストパウロタスク(@paultaskart)>

【永代 明介】

1992年生。港区のIT企業でエンジニアをしながら、複業でライターをしてます。趣味は読書とラジオお笑い全般が大好き。編集・ライター養成講座40期生