no title

 バリ島の海の中でスキューバダイバーによって撮影された謎の生命体。これらは数百匹ものミナミゴンスイという魚の群れだ。

 彼らは群れで密集して「ゴンズイ玉」と呼ばれるフォーメーションを作り出す。変幻自在に形を変えながら巨大生命体を作り上げるのだ。

―あわせて読みたい―

「酸素をくれ!!」わずかな氷の穴から一斉に顔を出す魚の大群(ロシア)
水中アルマゲドン:数十億のイワシの群れを追う、最強のプレデター軍団の大迫力映像
平和ボケしたマイワシに喝!マグロ軍団を投入へ(名古屋港水族館)
リーダーは作られるものではなく生まれつきの資質によるもの。魚の研究で明らかに(英研究)
海底での弱肉強食リアル。魚の死骸をむさぼるサメの群れ。そのサメを生きたまま捕食する魚(※食事風景注意)


 ミナミゴンズイナマズゴンズイ科の魚で、インド洋や紅海、太平洋の中西部に生息している。バリ島では、ダイビングやシュノーケリングしていると、彼らが作り上げる「ゴンズイ玉」を見ることができるそうだ。

4

 それはまるで水中のモンスター、巨大生命体のよう。こうやって群れでまとまることで、大きな魚から身を守っているのかな。

5

 体に白い線が数本あるのが特徴で、背びれと胸びれに棘があり、毒を持っている。だが襲ってくるようなことはなく、触らなければ特に危険性はないという。

6

 群れでゴンズイ玉を作るのは幼魚時代で、成魚になると単独で行動するようになるという。

3

 もともとはゴンズイだったものが、2008年からゴンズイとミナミゴンズイに分類されるようになったそうだ。

 外見がとても良く似ていることから、見分け方は非常に難しく、日本近海のものがゴンズイ、他の地域のものがミナミゴンズイといった認識するのが簡単だそうだ。

 ただしただ沖縄では混在しているようでどっちがどっちなのかわからないかもしれないという。

追記(2020/02/21)本文を一部修正して再送します。

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52286973.html
 

こちらもオススメ!

―動画の紹介記事―

小さな妹をずっと見守っているからね!マラミュートズと猫と赤ちゃんの朝の風景にほっこり
意思を持った巨大生命体みたい!群れで様々なフォーメーションを作る魚
パイロット、グッジョブ!暴風雨の中、機体を斜めにしながら見事旅客機の着地に成功(イギリス)
自ら囚われの身となった子猫。両前脚がロックオンされ捕虜状態に
まったり仲良しわんことにゃんこ!ハスキーの子犬と猫のいちゃこらタイムに和んじゃおう!

―水中生物についての記事―

刺すだけじゃなかった。毒入り手榴弾をばらまくクラゲの存在が確認される(米研究)
驚くほどピンク!世界で唯一の個体かもしれない、ピンク色のマンタの生息が確認される(オーストラリア)
そこには生態系が宿っていた!水槽の中を24か月観察したタイムラプス動画(ニンジン投入編)
「夕食好きなやつ!ならば昼食は抑えよう」コウイカは大好物の為なら目先のエサを我慢できることが判明
生きたクラゲに推進システムを搭載、高速遊泳可能なサイボーグ・クラゲが誕生(米研究)
意思を持った巨大生命体みたい!群れで様々なフォーメーションを作る魚