見渡せば光差す大海原の中、ミズクラゲ1500匹の大群が浮いたり沈んだり幻想的な光景で...。京都市下京区にある京都水族館が大規模リニューアルを終え、GW初日の2020年4月29日からこんな体験を楽しめるようになる。

目玉は、壮麗なミズクラゲの泳ぎが観察できる360度パノラマ水槽「GURURI(グルリ)」だ。

アーチ状の入り口を潜り抜けると、幻想的な水中空間が

アーチ状の入り口を潜り抜けると、360度水槽に囲まれたミズクラゲの幻想的な水中空間の真ん中に出る。

直径は約6.5メートル、高さは約2.4メートルもあり、ミズクラゲがリズミカルな拍動を繰り返しながら水流にのって漂い、クラゲと一緒に海に浮かんでいるかのような体験ができる。

今回のリニューアルでは、水底に沈んで生活するクラゲ、毒をもつクラゲなど、西日本最多の約20種、5000匹を展示する新エリアクラゲワンダー」を作った。

入口近くの約10個の水槽では、ミズクラゲが姿を変化させて成長する過程を展示する。パノラマ水槽は、それに続くものだ。

また、飼育スタッフがこれまでバックヤードで行っていたクラゲの繁殖や研究などの作業を間近で見られるオープンスペース「京都クラゲ研究部」も設ける。スタッフがその視点でクラゲの解説を行うほか、スタッフとの会話も楽しめるという。

「オシャレ!!!行きたい!!」

京都水族館の公式サイトツイッター2月20日リニューアルが発表され、「神秘的ですね」「きっと癒される...」「オシャレ!!!行きたい!!」といった声が続々寄せられている。

水族館を運営するオリックス不動産では、「今回のリニューアルを通じて、クラゲの魅力や不思議な生態をさまざまな展示方法により、多くの方に知っていただく機会をご提供してまいります」としている。

J-CASTニュース編集部 野口博之)

360度パノラマ水槽「GURURI」