マーベル映画『マイティ・ソー』『アベンジャーズシリーズでおなじみのキャラクター、ロキを主人公にしたDisney+製作による単独ドラマシリーズLoki(原題)』の新キャストが決定したことが明らかとなった。米Deadlineが報じている。

20200220-00000003-dramanavi-1-00-view.jpg

2019年4月に公開された『アベンジャーズエンドゲーム』に出てきたロキのその後が描かれるのではないかと言われている本作にこの度出演することになったのは、「Apple TV+」の『ザ・モーニングショー』にハンナ・ショーエンフェルド役でレギュラー出演しているググ・ンバータ=ロー。現時点ではググの役柄に関する詳細は伏せられているが、メインとなる女性キャラクターを演じるのではないかと伝えられている。

映画シリーズに出演したトム・ヒドルストンがロキ役で続投するほか、ザ・ビートルズテーマにした映画『イエスタデイ』やアクションドラマ『バッドランド ~最強の戦士~』に出演するソフィア・ディ・マルティーノファミリー映画『ナイト ミュージアム』や『シャンハイ・ヌーンシリーズで知られるオーウェン・ウィルソンが新たに参加することがすでに発表されていた。

製作総指揮に名を連ねるのは、マーベル・スタジオトップを務めるケヴィンファイギ、ケイト・ヘロン(『セックス・エデュケーション』)、マイケル・ウォルドロン(『リック・アンド・モーティー』)。

イギリス出身のググは、2013年の映画『ベル ~ある伯爵令嬢の恋~』でタイトルロールを演じて注目された後、ディズニーの実写版映画『美女と野獣』やNetflixアンソロジードラマ『ブラック・ミラー』『easy イージー』などにも出演。エドワードノートンが主演のほか監督・脚本・製作も手掛けた犯罪映画『マザーレス・ブルックリン』やJ・J・エイブラムス製作のSFホラー映画『クローバーフィールドパラドックス』にも起用されている。

新たにググがキャストに加わった全6話の『Loki』は、現在アトランタで撮影中。Disney+にて2021年春からの配信が予定されている。(海外ドラマNAVI

Photo:

トム・ヒドルストン、クリス・ヘムズワース (C)FAM008/FAMOUS
ググ・ンバータ=ロー (C)NYKC/FAMOUS