本人は2年の延長を望むも、クラブ側はポリシー通りの単年契約をオファーか

 レアル・マドリードスペイン代表DFセルヒオ・ラモスクラブとの契約が2021年に満了を迎えるが、その契約延長交渉は「複雑な状況」だとスペイン紙「AS」が報じている。

 ラモス2005年セビージャからレアルに加入。クラブの最古参選手であり、現在はキャプテンとしてチームを支えている。

 3月で34歳を迎えるベテランだが、パフォーマンスが衰える気配はない。昨年、フロレンティーノ・ペレス会長との衝突が噂されて移籍の噂も過熱したが、現在では2021年までとなる契約を延長して、引き続きレアルの一員としてプレーすることを望んでいるという。

 しかし、契約延長に関してクラブと選手側の考えにやや開きがあるようだ。ラモスは契約満了となる2021年からさらに2年間の延長を望んでいる一方、クラブラモスとの契約延長を急いでおらず、オファーをするとしても単年契約になると指摘されている。

 ラモスは依然としてトップレベルパフォーマンスを維持しているものの、レアルは32歳以上の選手とは基本的に1年毎に更新するポリシーを持っており、ラモスも例外ではないという。

 クラブ在籍15年目を迎えたラモス2005年の加入以降、3回の契約更新を重ねてきた。自身4度目の契約更新は実現するのか。交渉の行方に注目が集まりそうだ。(Football ZONE web編集部)

レアルとの契約延長を望んでいるセルヒオ・ラモス【写真:Getty Images】