引退前からYouTubeに積極トライ 現在の登録者数は日本サッカー界でトップの17.5万人

 近年、アスリートのセカンドキャリアは大きな注目を集めている。サッカー界であれば監督やコーチチームスタッフを第2の人生とする例が多い一方で、競技の枠を飛び越えて、営業マンや起業家への転身も少なくない。

 2004年のアテネ五輪でU-23日本代表キャプテンを務めた那須大亮氏は、今年元日に行われた天皇杯決勝を最後に、惜しまれながらも18年間のJリーガー生活にピリオドを打った。現役時代から動画共有サービスYouTube」を通じて情報発信を試みてきたなか、サッカー界の発展を目指すチャレンジは引退を機に新たなステージに向かおうとしている。那須氏が思い描くセカンドキャリアのビジョンとは――。

 那須氏がJリーガーでありながら、YouTuberとしての顔も持つようになったのは、「支えてくれた人たちに恩返しがしたい」「サッカーの価値を高めたい」という思いからだった。

「僕のサッカー人生は多くの人たちに助けられてきました。キャリア晩年を迎えた時に、それをより強く肌で感じて、選手、チームスタッフサポーター、たくさんの方々に何かを返したい、みんなを笑顔にするためにはどうしたらいいのかと。そこがスタートでした。

 自分から何かを発信したいという思いを抱くなかでYouTubeに出会い、新たな分野に挑戦することで、また別の選択肢が生まれると思いました。引退後、必ずしもサッカー界に携わらなければいけないわけではない反面、“違う何か”を始めるためのきっかけや知識に触れる機会は絶対的に少ない。選手がそういう取り組みをする例はあまりなかったので、自分が道を切り拓いて、こういう選択肢があると発信したかったんです」

 2018年7月の公式YouTubeチャンネル開設から約1年半、現在の登録者数は日本サッカー界でトップの17万5000人、総再生回数は3600万回を超えている(20年2月21日現在)。現役生活と並行したチャレンジに対しては当初、否定的な意見も少なくなかったという。それだけに、右肩上がりの登録者数は那須氏の取り組みと真摯な姿勢が日々認められ続けている証と言っていいだろう。

今後オンラインサロンの開設も予定 見据えるサッカーエンターテインメントの融合

「継続してやってきたなかで、投稿コメントを含めていろんな声が変わってきました。少しずつ自分の意義を皆さんに認識して頂け始めたのかなと。ただ、まだスタートラインに立っただけです。YouTubeは特に若い子たちが活用しているので、その世代にどれだけサッカーを知ってもらうための入り口を作っていけるかだと思っています」

 動画投稿は1週間に数本だった現役時代に対し、引退後は1~2日に1本とペースが上がり、企画性がより色濃く反映されている。そこには、YouTube利用率の高い18~24歳を意識すると同時に、「視聴サイクルを作る」狙いがあるという。

 サッカー界では、元日本代表MF本田圭佑(ボタフォゴ/ツイッターフォロワー数約95万人)や日本代表DF槙野智章(浦和レッズツイッターフォロワー数約75万人)がSNSを積極的に活用し、自分の意見や情報を発信している。那須氏は「本田選手、槙野選手にはそれぞれの個性があって、彼らにしかできないやり方だと思います」と語る一方、「でも、僕のやり方は僕にしかできない」と見解を述べる。

「僕には代表歴も、海外でプレーした経験もない。もともと持っているインフルエンサー力が全然違って、彼らとは天と地の差があります。でも逆に、僕だからこそこういうやり方なのかもしれません。もし僕が代表に入っていたら、果たしてこういう活動をしていただろうかと、たまに考える時があります。自分にしかないサッカー人生だったから、選手としてのプライドを上手く制御したり、いろんなことに気づくことができたのかなと。言ってしまえば、僕は世間一般ではあまり知られていない存在。ただ、全体を見渡せばそういう境遇の選手のほうが多いわけで、思いや手段次第で一つの形を見出せると“ヒント”を示したいと思っています」

「ここがゴールではない」とも語る那須氏。サッカー普及活動の軸としてきたYouTubeの他にも、サブチャンネルオンラインサロンの開設なども見据えているという。

サッカーエンターテインメントをより融合させていきたいですね。そうすることで、企業さんに賛同頂ける機会も増えると思うので。サッカーに興味を持っていない方に、どう魅力を伝えていくか、その窓口を増やしていきたいと思います。皆さんに笑顔になってもらいたいのが大前提ですけど、自分の会社も大きくしていきたいと思っています。そのためには自分の名前を知ってもらったり、影響力をつけたり、いろんなものが必要になってきます」

引退後は肩書きを設けず、様々な分野にチャレンジ「すべてをリンクさせたい」

 那須氏の現役時代の名刺には、「プロサッカー選手・那須大亮」と刻まれている。しかし、引退した今は敢えて肩書きを設けず、様々な道を模索したいという。実際、2月8日に行われた富士ゼロックススーパーカップではテレビ中継の副音声ゲストも務めており、解説や講演にも意欲的だ。

「会社を立ち上げるので、経営者・起業家なのかもしれませんが、起業家というと大きなことをやっているようなイメージですし(苦笑)、タレント活動をしているわけでもありません。YouTubeも自分が取り組んでいることの一つで、YouTuberという枠に捉われず、いろいろなことを模索していきたいです。講演もしてみたいですし、視聴者目線ではサッカーは詳しくないので、解説にも興味がありますね。サッカーを知ってもらう窓口として、YouTubeを含めてチャレンジすべてをリンクさせたいと考えています」

 今は触れ合うすべてが未知なる世界。那須氏は挑戦の日々に充実感を覗かせる。

「直接言葉を投げかけるのか、映像・画像を通してなのか、方法は様々ですけど、オンライン・オフラインでいろんな人と触れ合えるようになりました。今の活動は目に見えないところでも笑顔を届けられます。いちサッカー人としてだけでなく、いち人間、いちビジネスマンとしていろんなことを吸収できて、インプットしてアウトプットしていくのが本当に楽しいです」

 那須氏のチャレンジサッカー界の発展とともに、プロ選手のセカンドキャリアの在り方に一石を投じることになりそうだ。

PROFILE
那須大亮(なす・だいすけ)/1981年10月10日生まれ、鹿児島県出身。180センチ・77キロ。鹿児島実業高―駒澤大横浜F・マリノス東京ヴェルディジュビロ磐田柏レイソル浦和レッズヴィッセル神戸。J1通算400試合29得点。2004年アテネ五輪代表で主将を務め、在籍した6クラブではCB、SB、アンカーを遜色なくこなす守備のスペシャリストとして活躍した。2020年元旦の天皇杯決勝を最後に現役引退。2018年夏に自身の公式YouTubeチャンネルを解説し、様々な形でサッカーの魅力を発信している。(Football ZONE web編集部・小田智史 / Tomofumi Oda

元U-23日本代表キャプテンの那須大亮氏【写真:Football ZONE web】