セガは、1995年発売のエイリアンソルジャーが収録されたメガドライブミニW・アジアエディション」日本国内向けに数量限定で発売することを発表した。価格は8980円(税別)。

(画像はセガ メガドライブミニ特設サイトより)

 『エイリアンソルジャー』は、『斑鳩』などの作品で知られるトレジャーが開発し、セガより発売されたメガドライブアクションシューティングゲーム

(画像はセガ メガドライブミニ特設サイトより)

 これまでに4回移植版が発売されており、2019年には日本を除く地域で販売されたアジア版のメガドライブミニに、エムツーが移植した本作が『異形戰士』タイトル名で収録された。

 亜人類が活躍する未来の地球を舞台に、ある亜人の精神体「イプシロン2」と、その宿主に選ばれた人間の少年「フォウ・ミサキ」の戦いが描かれる。独特の世界設定や連続45体にもおよぶボスとの戦いや、パターンの把握を要求される高い難易度など、当時のプレイヤーに鮮烈な印象を刻み込んだ作品である。

 本来は知る人ぞ知る作品であったが、近年、漫画家の殆ど死んでいる氏がKADOKAWAコミックポータルサイトComicWalker」で連載する『異世界おじさん』で注目を集めたことが今回の企画立ち上げに影響しているようだ。

 「メガドライブミニW・アジアエディション」には、『エイリアンソルジャー』やシャイニング・フォースII 古えの封印』など、国内版未収録の9タイトルを含む全42タイトルを収録している。また、「言語切替」を利用すれば、北米版など、一部の仕様が異なる海外版を遊ぶことが可能だ。

(画像はセガ メガドライブミニ特設サイトより)

 さらに、購入者全員に特典として、殆ど死んでいる氏の描き下ろし「エイリアンソルジャー25周年おめでとうポストカードが付属する。

(画像はセガ メガドライブミニ特設サイトより)

 ゲームファンだけならず、『異世界おじさん』のファンにもぜひ注目してほしい製品となっているので、本商品を手に入れて”おじさんが恋人のように語る”「七瀬楓」が一体誰なのか、自分の目で解き明かしてみてほしい。

ライターヨシムネ

ヨシムネ
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。