Credit: Copyright Ruben Willaert bvba
  • ベルギーにある教会の地下に、人骨を積み上げて出来た「骨の壁」が9つ発見される
  • 壁には、成人男女の下肢の骨のみ(所々、頭蓋骨)が使われており、子どもの骨は見当たらなかった

ベルギーの都市ヘントにある「聖バーフ大聖堂」の地下に、人骨を積み上げられて作られた「骨の壁」が発見されました。

壁は全部で9つ見つかっており、そのほとんどが成人の大腿骨やすねの骨から成っています。隙間は、頭蓋骨の断片で埋められていました。

骨の壁は、教会に新たな訪問者センターを建設する前の調査作業にて発見されています。

発見および調査は、オランダの考古学研究チーム「Restoration & Archeology / Decoration」が行いました。

「骨の壁」に散見される謎

炭素年代測定の結果、壁に使われた骨は15世紀後半のものと判明しています。しかし、実際に壁が作られたのはもっと後のことで、17世紀か、あるいは18世紀の初めとのことです。

聖バーフ大聖堂について書かれた歴史文書が、これを裏付けています。

記録によると、当時、教会に付属していた墓地が16世紀前半に撤去されており、1784年以降、新しい遺体の受け入れを取りやめていました。

聖バーフ大聖堂 (ヘント)

研究チームのJaniek De Gryse氏は「骨の壁は、協会の改築のため、墓地にあった遺骨を撤去した人々の手によって作られたものでしょう」と話します。

教会付属の墓地を撤去する際、遺骨を捨てるわけにはいきません。当時は、肉体の復活が現代以上に強く信じられており、骨はその重要な役割を果たしていました

それでも研究者は、「このように人の手で意図的に積み上げられた不気味な骨の壁は他に例がない」と指摘しています。

Credit: Copyright Ruben Willaert bvba

さらに、壁の状態から、当時の人々は、かなり急いで骨の壁を作ったのではないかと推測されています。

というのも、壁には脊椎や肋骨、指の骨など、小さくてもろく、探すのに手間がかかる部位がなかったのです。また、壁は、下肢の骨だけが使われており、腕に当たる骨は一つも発見されていません。

それから、壁には成人男女の骨だけが使用されており、子どもの骨がまったくないことも奇妙な点です。当時の世界は、今より衛生状態も悪く、子どもが病気で亡くなることが頻繁にありました。

これを考えると、子どもの骨は見つかりやすいはずです。

こうした不思議な点は、単に子どもの骨を使うこと壁が崩れやすくなるという建築的な理由が原因かもしれませんし、あるいは、宗教的・精神的な理由が関係しているのかもしれません。

現在、壁の骨はベルギー・ヘント大学が引き取り、調査を続けています。

10年前に発掘された遺骨「モデナの恋人たち」がどちらも男性と判明

人骨を使った「骨の壁」が教会の地下に発見される(ベルギー)