静岡県東部地区のJAなんすんのパネルに描かれた、スクールアイドルプロジェクトラブライブ!サンシャイン!!』の人気キャラクター高海千歌イラストスカートの股の部分に、スカートが貼りついたような不自然な皺があるとして炎上していた騒動で、今度は、沼津市に巨大な千歌のエアバルーンが出現したとして話題になっている。

 12日に、ラブライブ!シリーズの公式ツイッターが、JAなんすんの「西浦みかん大使」に就任した高海千歌オリジナルパネル投稿。「なぜ股の影を描くのか」とバッシングが集まっていたこの騒動だが、学校があるという設定の沼津市の三津浜に18年4月、千歌の巨大なエアバルーンが出現したとして話題に。後ろから見ると、スカートが捲りあがっているようなデザインで、中の白い下着がしっかりと確認できる状態となっており、当時はファンの間でのみ話題となっていたが、スカートの皺問題でこの写真に再注目が集まり、ネット上で議論されることになってしまった。

 ファンからは「ここまで来るとエロくもなんともない」「ワカメちゃんパンツと何が違うの?」という声が集まっていたが、一方では「なんでパンツを穿かせる必要があるの?」「これで町おこしはどうかしてる」「デフォルメされてるからってこれはきついでしょ」という声も集まっている。

 「今月12日ごろから話題になり始めた、この『ラブライブ!』問題ですが、ネットではいまだ収束することなく、騒動が続いています。JAや農家などにクレームを入れる批判者もいるようで、それが『やりすぎ』『嫌がらせレベル』という、『ラブライブファンなどからのさらなる反感を買う事態に。傍観者からは『オタクとフェミの仁義なき戦い』『総決戦っていう感じ』といった面白がる声まで上がっていますが、ファンの中には『オタク限定のイベントでやってほしい』と肩身が狭くなっている人もいるようです」(芸能ライター)

 すでに展示期間は2年前に終わっているとはいえ、遠くからでも下着が確認できる巨大バルーンには、よりバッシングが集まっている状態に。果たしてこの問題、収束するのだろうか――。

「ラブライブ!」シリーズの公式ツイッターより https://twitter.com/LoveLive_staff