シシド・カフカ主演のドラマ「ハムラアキラ~世界で最も不運な探偵~」(毎週金曜夜10:00-10:50、NHK総合)。

【写真を見る】イメージは“英国紳士”!セクシーな目線を送る間宮祥太朗

本作は、ミステリー作家・若竹七海の「女探偵・葉村晶シリーズ」を初めてテレビドラマ化した作品。ミステリー専門書店「MURDER BEAR BOOKSHOP」のアルバイト兼書店のオーナーが冗談で始めた「白熊探偵社」の調査員として働いている主人公・葉村晶(シシド)が、災難に巻き込まれながら事件を解決に導く“世界で最も不運な探偵”の姿を描く。

2月21日(金)放送の第5話から第2章に突入し、3話連続の物語となる。これまで、不運に巻き込まれながらも、事件を解決に導いてきた葉村が女子高生失踪事件の調査をきっかけに、世にもおぞましい結末を迎える事件に挑むこととなる。

葉村にとって、毎話事件解決の“カギ”へと導く対話役となってきたのが間宮祥太朗演じる岡田正太郎だ。警視庁エリートという肩書きながらも、素性の知れないミステリアスな存在で、間宮は「最後にすっとでてきて、すっと消えるような」存在だと語っている。

そんな謎多き岡田の素性がついに第5話以降の物語で明らかとなる。ミステリアスな役を演じる上での苦労やシシドとの共演の感想など、間宮に聞いた。

――このドラマへの出演の話を聞いた際、作品にどのような印象をもたれましたか?

脚本が本当に面白かったので、演じるのがとても楽しみでした。衣装合わせの際に監督の大橋(守)さんと、いろいろ話す機会があったのですが、この作品についてはもちろんのこと、関係のない映画の話とかもできて。すごい情熱を感じ、信頼感があったので、どんなドラマになっていくのかと思っていました。

撮影に入ると、カメラワークやライティングがとても惹きつけられるような作品になっていて、会話でも表情でもない、空気は断絶されているはずだけれども、こちらに何かが伝わってくるような映像で、僕はとても好きだなと感じました。

間宮祥太朗「言葉を“投げる”というよりは“置く”イメージ

――物語が毎回、複雑な事件の話が多いですが、どのように演じようかと心掛けたことはありますか?

小説を読んでいるかのような話だなという印象をうけました。僕の意見なのですが、このドラマは最後のどんでん返しを楽しむでも、誰かに感情移入して自分の苦しみと重ね合わせるでもなく、登場人物の会話や、毎話起きる事件、それに関わる人物の滑稽な部分を味わうドラマだと思うので、その“味わい”を僕からも出せるようにとは思いました。

――間宮さんは、このようなハードボイルドな作品やミステリー作品などはお好きですか?

このような映画は結構好きで、探偵つながりで言うと「私立探偵 濱マイク」とか。葉村のようなやさぐれた、自分の居場所があるけれど、その居場所ですら、そうじゃない雰囲気を持つ“放浪者”のような主人公が好きで。

人生自体が迷っている感じとか、「本当の居場所はここじゃない」と思いながら、とどまっている。そんな人物って哀愁と色気があるじゃないですか。なので、岡田を演じつつも、葉村を演じているシシドさんをいいなと思っています(笑)

――岡田は、原作にはいない役柄ですが、役作りや意識されたことはありますか?

ミステリアスに見せようとすると、くどいなと思ったので、そこはあまり意識せずに演じていました。ですが、バックボーンや人となりが見えてこない役柄なので、変に色付けしない、見ている人が後にどうとでも取れるような表情や、どうとでも取れるような間とかを最初の方は意識していました。

あと、声には気を付けましたね。言葉を“投げる”というよりは“置く”イメージで話しました。

――そんなミステリアスな役柄ですが、間宮さんは岡田をどのような人物だと考えますか?

強さはあると思うのですが、自分に対してのプレッシャーすごい人なのだろうなと思います。自分にプレッシャーをかけて生きてきて、そうすることで自分の出世や育ちを否定しない生き方しているような気がします。それが悲しくもあり…と。

見た目だと、“英国っぽさ”というのが僕のイメージの中にありました。スーツとかを英国紳士のような雰囲気になるように意識しましたね。衣装合わせの際にそういう話を監督としました。

間宮祥太朗「一挙手一投足を見逃したくないと思わせるような方」

――葉村と2人で話すシーンが多いかと思いますが、演じる際に心掛けたことなどはありますか?

緊張感というよりは、会話を楽しんでいるような、見ている人も一緒に会話を楽しめるようにと意識して演じました。会話の内容は事件などの状況説明が多いのですが、それが耳に心地いいような…。

例えば、飲み物で言ったらコーヒーウイスキー、音楽で言ったらジャズというような、落ち着いたテンポや雰囲気が葉村と岡田の会話にも出たらいいなと思っています。

2人を対立している風に見せることもなく、協力的に見せることもなく、岡田が最後にすっと出てきて、すっと消えるような。脚本や構成の段階で岡田と葉村のシーンが印象的なものになっているなと感じたので、こちらが変に印象的にする必要はないなと思い、フラットに演じました。

――シシドさんの印象はいかがですか?

単純にめちゃめちゃお芝居がうまい方だなと思いました。「こんなにされると困っちゃうよ」って(笑)

とても華がある、外見の美しさだけじゃない、物を取るとか、歩くとか、視線を移すとか、そういう行動一つ一つに人としての華がある。一挙手一投足を見逃したくないと思わせるような方ですよね。

岡田という役柄的にも、葉村を観察しているような部分があるので、僕もシシドさんの動きの出方を見て、演じるスタンスではありましたかね。

音楽のセッションという意味でいうと、こっちが先に音を鳴らすのではなくて、葉村が鳴らしている音に岡田が入っていくという。そういうイメージでやり取りしていました。

――実際にセッションしてみていかがでいたか?

やはり心地よかったですね。耳で聞いても目で見ても。でも、岡田という役を演じる上で、たまに崩すのも大事だなと思いました。音楽でいうと、ちょっとずれたコード入れてみるとか、テンポをぐっと遅らせるような瞬間とか。

そういう“引っかかり”みたいなものは入れてかなきゃいけないなと思ったので、その時によってですが、せりふだけでなく目線の鋭さとかでも表現しました。

――2人はどこか似た者同士だなという印象があるのですが…

演じる前は、葉村にとっての岡田が「こいつ、私と似ている」というような存在になるかな?と思っていたのですが、演じているうちに逆だなと感じました。岡田にとって葉村が「自分と似ている」と感じる存在なのだなと思いました。

岡田が葉村との会話を楽しみに書店に訪れるじゃないですか。岡田にとって葉村は、行きつけのバーのマスターじゃないですけど、ふとしたときに会いたくなる。そういう存在でもあるのではないかな?と最近意識して演じています。心の欠けた部分を補うような。でも寄りかかりすぎない。その距離感がいいのかもしれませんね。

間宮祥太朗「それよりもストーリーの展開への衝撃が強かった」

――間宮さんから見た葉村はどういう女性ですか?

葉村をあまり“女性”という印象で見てないですね。話している内容が基本的にはお互いのパーソナルな部分じゃなくて、事件の話なので…。お互いの何か体験というよりは、なんかずっと見た映画の話をしているような感じです。

――5話以降で岡田の素性などが明らかになるということですが、間宮さんが驚かれたことなどはありますか?

岡田としての見どころは、父親の存在が明らかになるということと、その父親を巡っての事件に葉村や岡田はどのように巻き込まれていくかというところですかね。

でも、岡田の素性や出生の秘密もそうですが、それよりもストーリーの展開への衝撃が強かったです。父親のことや、それに関わる人…事件…。これ以上はネタバレになるので(笑)

■ 第5話「悪いうさぎ X」(2月21日[金]放送)のあらすじ

たび重なる不運に見舞われ、探偵を辞めようとしていた葉村晶(シシド)だったが、先輩探偵の村木(池田成志)からの強引な誘いでリゾート会社会長・滝沢(大鶴義丹)から新たな依頼を受けることになる。

家出した彼の娘・美和(田中珠里)の行方を友人の女子高生・平ミチル(井頭愛海)から聞き出してほしいという。奇妙な依頼に戸惑う葉村だったが、ミチルと接触する。

なぜか挑戦的なミチル。そんな中、ミチルの友人で女子高生・綾(小野花梨)が殺されるという事件が起きてしまい、この依頼がただ単なる家出人捜索ではない、と葉村は思い始める。(ザテレビジョン

ミステリアスな警視庁のエリート・岡田を演じる間宮祥太朗