Image: HTV Vive 次世代XRはこんな感じ

コロナウイルスでMWCは中止になっちゃったけど…

HTCが、MWCでデモする予定だったVRゴーグルVive Cosmosファミリーの3つの新製品を公開しました!

ケーブルレスVRゴーグルの「Vive Cosmos」が昨年末発売になったとき話題になったのがモジュールフェイスプレート(MOD。欲しい機能にフェイスプレートごと換装したり、購入後に高性能なモジュールアップグレードできます。ちょっとイメージしにくかったけど、今回公開になった新モデルゴーグルのフルセット版も拡張機能のフェイスプレート版が購入できます。なるほど、こういう展開になるってことだったのね。

ビギナーにぴったりな普及モデル「Cosmos Play」

Image: HTC Vive カメラを2つ減らした廉価モデル。価格は未発表。VRを試してみたいビギナーに最適

価格は未定だけど、VIVEの新たな廉価モデルと目される新製品。インサイドアウトトラッキングカメラは標準の6つではなく4つに抑えて安さを追求しました。ほかのCosmosファミリーと同じく、Cosmos Playも解像度2880 x 1700ピクセルあります!

ちなみに現行のVive Cosmosは700ドル前後(日本価格は現在8万9882円)でカメラは6つついているので、もっと精度の高いインサイドアウトトラッキング( 外部のライトハウスベースステーションが要らない)と高さのあるトラッキングが可能です。Cosmos Eliteが加わったことでCosmosファミリーの中ではミッドレンジの位置づけになります。

外部トラッキングにも対応した上位モデル「Cosmos Elite」

Image: HTC Vive ヘッドセットSteamVRベースステーションViveコントローラ全部入りで900ドル

Cosmos Eliteは価格もエリートな899ドル(約10万円)。インサイドアウトトラッキングはもちろんのこと、Steam VRベースステーションで外部トラッキングもできちゃうので、モーショントラッキング性能は最強です。VRゴーグル以外にも、SteamVRのベースステーションViveコントローラ2つがついてきます。もう従来モデルを持っている人は、フェイスプレートだけ200ドル(約2万3400円)で買えば、たちまちアップグレード完了です。

ARもVRも楽しめるパススルーカメラ搭載モデル「Cosmos XR」

Image: HTC Vive Cosmos XRはVRとAR両対応のMR(Mixed Reality: 複合現実)ゴーグ

最後の新モデルCosmos XR。高精密なXRパススルーカメラ付きでCosmosファミリーのARエフェクトサポートされます。Viveのお話では、もともとVRとARを含めたあらゆるMR環境が楽しめる多目的ゴーグルをつくる予定だったのですが、技術的な制約があって、まず先にVRをやってからAR、という順番になったんだそう。このCosmos XRでようやく本来目指したものを手にできるというわけです。

まあ、Vive Sync(MRの会議コラボアプリ)などの既存ソフトには対応するものの、AR対応はViveのエコシステムではまだ本当にはじまったばかりなので、Cosmos XRは少なくとも年内はデベロッパー向け。GDCでもっと詳しい情報を発表するそうなのでお楽しみに。

華麗に変身、Project Proton

Image: HTC Vive 未来の最終進化形

ほかにもProject Protonなるもののティーザーも発表になりました。まだプロトタイプ段階のXRゴーグルです。なんか急にスッキリしちゃって、おっしゃれ~。今の圧倒的な存在感からいよいよ卒業ですねViveの話では、PCにつないだり、スマホみたいに切り離して使ったりできる「オール・イン・ツー」のデザイン開発中だそうですよ? 今のところわかっているのはそれだけで、スペック・発売日は不詳です。

HTC Viveラインナップも充実してきましたね。ARとVR、あらゆるコンテンツの垣根が取り払われるCosmos XRは特に期待してしまいます。HoloLens、Google Glassなど、VRゴーグルのすべてがひとつに収束していく動きに先鞭をつけたVive

Cosmos Eliteは24日から注文開始、第1四半期発売。Cosmos Eliteフェイスプレートは第2四半期発売。Cosmos PlayとCosmos XRの価格と発売日は春に発表予定です!