「恐怖で寒気がする」

 法廷内で読まれた被害者の供述調書。強制わいせつ致傷などの罪に問われた男が事件現場となった被害者の女性マンションを特定した手口が法廷で明かされると、傍聴した人たち全員が被害者と同じ恐怖感を共有した。

 2月18日アイドル活動をする20代の女性のマンションに侵入し、わいせつな行為をしたとして、住居侵入と強制わいせつ致傷の罪に問われた無職、佐藤響被告(27)の裁判員裁判の初公判が、東京地裁で開かれた。

SNS写真の瞳に映る景色で駅の形状、線路の本数を把握

SNSに投稿された女性の顔写真の瞳に映る景色を手掛かりに、マンションを特定した」としてネット上でも騒がれた佐藤被告。「間違いない」と起訴内容を認めた彼の手口はこうだ。

 検察側の冒頭陳述などによると、佐藤被告はネット上で、女性の目撃情報を探し、女性の自宅がある地下鉄路線にあたりをつけた。次に、女性のツイッターを確認する。アイドル活動のため、頻繁に写真などを投稿していた女性。その中に最寄り駅での自撮り画像があった。その瞳に映る景色で屋根など駅の形状、線路の本数、背後の看板を把握。グーグルの「ストリートビュー」を使って候補の路線の駅周辺を探していく中で、被害女性の最寄り駅を見つけたという。

 そして、佐藤被告は「リアル」な行動に打って出た。ネット上のさまざまな情報を集めて発見した最寄り駅で待ち伏せし、現れた女性の後をつけて自宅マンションを特定したのだ。女性は自宅で動画配信をしていたため、動画の背景から部屋のある階を特定。さらに、この日も女性は自宅で動画を生配信しており、佐藤被告はこの階の全ての部屋のチャイムを押していった。

動画生配信中の女性がチャイムに反応して……

 ある部屋のチャイムを押すと、動画生配信中の女性がチャイムに反応して「何の音?」。ついに部屋番号まで割り出してしまった瞬間だ。

 ネット上では、「特殊能力」「この才能を別に生かした方がいい」などと話題をさらった佐藤被告はどのような人間なのだろうか。

 2009年ごろ、10代後半でアイドルオタクになったという佐藤被告。2014年9月ごろには、あるグループライブに通い始める。2018年2月には被害女性がグループに加入。すぐに女性のファンになり、イベントに毎日のように通うようになる。CDを数百枚買ったりもしたという。その後、女性が別のグループに移籍すると、追いかけるように別のグループイベントに頻繁に参加し続けた。

 女性はいわゆる地下アイドルと呼ばれ、テレビ番組に出演するような人気グループよりも、ファンとの近さが売りだ。現に、佐藤被告のものとみられるツイッターには、被害女性の「チェキ」と呼ばれる写真も投稿されている。被害女性が自身の写真にメッセージを書き込んだものだ。

 佐藤被告と一緒に映ったものもある。アイドル活動の一環ではあるが、被害女性から「好き」「浮気しないで」という手書きの文字が書かれたものもあり、佐藤被告は勘違いし、被害女性への思いを募らせていったのだろうか。

 佐藤被告はどんどん被害女性にのめりこんでいった。イベントなどでは最前列にいることが多く、女性も佐藤被告を認識していたという。昨年7月には勤めていた会社を退職してまで、女性のグループイベントに参加。消費者金融などで借金を重ねながら、身の丈にあわない活動をしていく。

「カネがなくなってから襲おうと考えた」

インターネットで「レイプ」「身体拘束」などと検索

 被告人質問でそう話した佐藤被告の歪んだ感情は増幅していく。女性マンションの部屋を特定した翌日にはインターネットで「レイプ」「身体拘束に関するQ&A」などと検索。さらにマンションに2度下見に行ったという。

 事件が発生する3日前の2019年8月29日、佐藤被告はツイッターで被害女性の写真とともに「はよ推しに会いたい木曜日」と投稿。翌30日には「推しに会いたい金曜日」。

 そして事件が発生した9月1日。この日は、女性のグループライブイベントがあり、佐藤被告も参加。同日の佐藤被告のツイッターには被害女性のサイン入りのチェキ写真が3枚掲載されている。

 イベント後、先に女性のマンションに向かった佐藤被告。階段踊り場で4~5時間も待ち続け、午後10時50分ごろ、女性が帰宅。跡をつけていき、玄関ドアを開けて部屋に入ろうとしていた女性を背後から顔にタオルを押し当てて引き倒し部屋に侵入、助けを求めて叫ぶ女性の口などを押さえた上で、尻などを触った。騒ぎに隣人が気づいたため佐藤被告はその場から逃走した。

 佐藤被告は女性の帰宅を待ち続けている間も「ライブ2公演お疲れさまでした」「めちゃくちゃ楽しかったよ」とツイッターに投稿していた。事件により、当日23時から予定されていた動画の生配信がグループツイッターアカウントから「本人の携帯の不具合でお休みになります」と告知されると「了解いたしました」「お知らせありがとうございます」と書き込んでいる。犯行直後とは思えない対応だ。その後も体調不良が知らされると、「ゆっくり休んでね」「ずっとずっと待っています」「また笑顔で会いたいな」などと逮捕されるまで毎日のように書き込んでいた。

 2月19日の論告求刑公判で検察側は懲役5年を求刑した。

「被害者を支えている優越感を得るため、自ら責任を負うことのできる限度を超えた活動」で金に困窮し、「被害者に対する不満と異性としての好意」が犯行の動機だと指摘し、「被害者の心情を慮らない極めて身勝手な行為」と非難した。さらに、投稿した自撮り画像の瞳に映る景色などを利用して、最寄り駅を特定するなど「アイドルとしての活動を悪用し、強固な犯意に基づいた、執拗かつ粘着質で計画性の高い犯行」と切り捨てた。

「精神的苦痛が極めて重大で、処罰感情は極めて高い」

 検察側によると、被害女性は「苦労してアイドルとなり、上京して1人暮らしをしていたが、活動を休止するなど、精神的苦痛が極めて重大で、処罰感情は極めて高い」という。

 佐藤被告は起訴内容を認めており、最終意見陳述では「事件でアイドルとしての活動はもちろん、日常も壊してしまった。被害者にできる限りのことをしたい」と話した。弁護側も「謝罪の手紙を書くなどして事件を反省している」と執行猶予付きの判決を求めている。

 被害女性に佐藤被告ができることが何かあるのだろうか。いまだに女性を慮ることのできない、身勝手な発言だ。検察側が指摘するように、尋常ではないほど「執拗かつ粘着質で計画性の高い」罪を犯した佐藤被告。被害女性に一生癒えない傷をつけた。注目の判決は26日に言い渡される。
 

(西川 義経/週刊文春デジタル

東京地裁 ©AFLO