【動画はこちら】

2020年2月21日に行われた東京オリンピックパラリンピックの日本選手団の公式スポーツウエアの発表会での大会組織委員会の森喜朗会長(82)の発言が物議を醸しています。

スポニチの報道によると、森会長の発言は下記のようなもの。

「早くコロナウイルスどっかに消し飛んで欲しいなと神にも祈るような毎日」とコメントマスクを着用する報道陣や関係者を見渡し、「私はマスクをしないで最後まで頑張ろうと思っているんですが、どうぞお帰りになったら手を洗うとか、特に選手は気をつけて風邪など引かないようにウイルスをもらわないように」と話していた。(スポニチ

ちなみに、下が発表された公式スポーツウエア。

この発言に、ネットには「なんの頑張りなの笑」「根性論でどうにかなるの?笑」「そんな頑張りに何の意味があるんだ笑」「本土決戦玉砕のメンタリティ」などのコメントが寄せられています。

マスクは自分が感染しないためというより、飛沫感染などで他人にうつさないためという側面が大きいです。むしろ、頑張ってマスクを付けていただきたいです。

【動画はこちら】

「私はマスクをしないで最後まで頑張ります」森喜朗会長の言葉にネットユーザー総突っ込み!「何の頑張りなの笑」「本土決戦玉砕のメンタリティ」などの声