愛媛FCは21日、昨シーズン限りで契約が満了していたDF玉林睦実(35)が北信越1部リーグに所属するアルティスタ浅間へ移籍することを発表した。

玉林は2008年に吉備国際大学から当時、日本フットボールリーグ(JFL)のファジアーノ岡山へ入団。リーグ戦27試合に出場し、1得点をマークしてチームのJ2参入に貢献した。2010年には当時JFL松本山雅FCへと移籍し、翌年に松本でもJ2参入の力に。その後、2015年に愛媛へと加入。昨シーズンは明治安田生命J2リーグでわずか2試合の出場にとどまり、昨シーズン限りで退団していた。

シーズンからアルティスタ浅間でプレーする玉林は、クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。

アルティスタ浅間に関わる全て皆様、初めまして玉林睦実です。まずはサッカーを楽しんで、その中で勝負事にはしっかりこだわっていきたいと思います。JFL昇格に向けて日々最善をつくします。応援よろしくお願いします」

サムネイル画像