フィンランドのカイヌー県ソトカモに住む体育教師のバルテリ・ムルカハイネンさん(Valtteri Mulkahainen)はアマチュア・フォトグラファーとしてここ数年、母国の美しい自然や野生動物を写真に収めてきた。そんなバルテリさんが6年前に撮影した子グマの写真を自身のSNSに投稿したところ注目を浴び、多数のメディアが伝えて拡散している。

写真を趣味とするバルテリ・ムルカハイネンさんが3頭の子グマの可愛らしい姿を捉えたのは、2013年6月3日のことだった。フィンランド中東部の「Martinselkonen」という町の近くにあるタイガ(北方針葉樹林帯)を散策していたバルテリさんは、木々が少ない開けた場所で大きなクマを発見し息を止めた。そばには3頭の子グマがおり、バルテリさんは親子から約50メートル離れた場所に身を潜め、様子をうかがった。

バルテリさんは当時のことを『Bored Panda』にこう明かしている。

「その日の夕方から一晩中、私は親子を観察しシャッターを切り続けました。子グマは人間の子供のようにじゃれあい、ふざけながら喧嘩をしているようでした。まるで小さな子供たちが遊ぶ自宅前の公園にいるかのような…そんな気持ちになったのを覚えています。」

「そんな時、3頭の子グマが2本足で立ち上がり、押し合いを始めたのです。子グマたちは輪になってダンスをしているかのようにも見えました。」

こうしてバルテリさんが6年前に撮影したマジカルな子グマの写真は今月中旬にInstagramに投稿され、子供たちが輪になって歌う唄にたとえ「Ring-a-ring o’ roses(リング・ア・リング・オ・ローゼズ)」と言葉が添えられた。

この投稿には「フィンランドに行ってみたい」「可愛い」「本当に踊っているみたい」「最高だね」「よく撮ったね」といったコメントがあがっており、バルテリさんは多くの人の注目を浴びていることに対して、こう語った。

「この写真で、クマがいかに機敏で強い生き物なのかが分かると思います。クマは4本の足を器用に使って走り回り、狩りをし、泳ぎ、木登りをするのです。何でもできちゃうんですよ。」

オーランド諸島を除けば、フィンランドでクマに出くわす確率はかなり高いと言えるでしょう。クマの大部分は東部やラップランドに棲んでいますが、南西部で見かけることもあります。ただダンスをしているような子グマを写真に収めることができたのは本当にラッキーでした。クマは人間の存在を察知すると、すぐに逃げてしまいますからね。」

画像は『LADbible 2020年2月18日付「Amateur Photographer Captures Three Bear Cubs ‘Dancing’ In The Forest」(Credit: Valtteri Mulkahainen)』『Bored Panda 2020年2月15日付「Teacher Stumbles Upon Baby Bears ‘Dancing’ In Finland Forest, Thinks He’s Imagining It」(Image credits: Valtteri Mulkahainen)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト