皆さんは外出時などに飲み物を買うことはあるでしょうか。最近では、タンブラーや水筒を持ち運ぶ人を見かける機会が増えてきました。ペットボトルのゴミを減らすエコ効果もあり、コーヒーなどを温かいまま持ち運ぶこともできメリットも多くあります。さらに今では超ミニ水筒なるものも流行っているようです。

超ミニ水筒

最近では、超ミニ水筒(ポケトル)が流行っているようです。容量も120ml程度しかない小容量でポケットに入ってしまうような持ち運びに便利なサイズがウケているようです。しかしネットでは、この超ミニ水筒が異常に盛り上がる事態になりました。

他にもあるこんな超ミニ水筒

アクセサリー感覚で付けられる超ミニ水筒がありました。実際に見たらこれに飲み物が入っているとは思えないでしょう。

ある意味これも超ミニ水筒になるんでしょうか。SL旅のお供にもみ出し茶を手軽に持ち運べる神アイテムです。持ち運びの便利さの他に、見た目の味を重視する方は入手してみてはいかがでしょうか。

これは水筒に分類して良いのか悩みどころです。容量は確かに小容量ですがこのサイズ明らかに小さ過ぎではないかと疑問が浮かびます。薬品なども入れられそうですが、くれぐれも悪用しないようにしましょう。

誰もが馴染みがあるデザインの超ミニ水筒です。飲み物というよりも、調味料が入っているイメージの方が強いですね。

お洒落なネックレス型の超ミニ水筒もありました。首からぶら下げる水筒もなかなか洒落ているかもしれないですね。

ネットの反応

既に超ミニ水筒も愛用している方もおり、通勤時間などに飲みきるにはちょうど良いサイズ感で重宝されているようです。テレビにも特集されており、飲みきったら折り畳める便利なものや、薬を飲むときや女性の小さなバッグに入るため、今後も盛り上がるジャンルなのかもしれないですね。皆さんも自分に合った超ミニ水筒を探してみてはいかがでしょうか。

超ミニ水筒を活用できる、インフルエンザ20分おきに「あること」を行うだけで予防に繋がる簡単な予防法チェックしておきましょう。

画像掲載元:秒刊サンデー



画像が見られない場合はこちら
超ミニ水筒が流行るが小さすぎて水筒の意味がないだろと話題に