日本の公衆トイレでは大抵、和式と洋式の両方が設備されているが、全体的には洋式トイレの数が多いといえるだろう。中国メディアの百度号は16日、中国の公衆トイレはほぼ和式トイレなのに対し、「清潔なことで知られる日本のトイレがほとんど洋式なのはなぜなのか」と問いかける記事を掲載した。

 日本を初めて訪れた中国人観光客の多くは街の清潔さや公衆トイレの清潔さに一様に驚くと言われる。しかし、中国人からすると洋式トイレは「お尻が便座に直接触れる」ので衛生的ではないと感じる人が多いようで、「なぜ日本の公衆トイレは洋式ばかりなのか」と不思議に思うらしい。

 これについて、記事は「中国人トイレに対するイメージが大きく影響している」と指摘し、「中国の公衆トイレは汚い場所」であり、日本のように「清潔で居心地の良さを感じる場所ではない」と紹介。また、多くの人が便器を汚して使うため、中国人の多くは肌が直接触れる洋式の便器より、和式の便器のような「しゃがんで使う便器」のほうが「肌が触れないだけマシ」というイメージを持つに至ったことを強調した。

 こうしたイメージがあるゆえ、洋式トイレの便座に抵抗を感じる中国人女性は多く、「洋式があっても、あえて和式のようにしゃがんで使うトイレを利用する中国人は多い」と主張した。

 一方、洋式のトイレネガティブイメージを持つ中国人でも、日本の衛生的で機能的な洋式トイレを使用すると、それまでのイメージは一変してしまい、「なぜ洋式トイレが好まれるのかが納得できるようになる」と主張。多機能温水便座は非常に快適で、消毒液や使い捨ての便座シートが用意されていて衛生面を心配する必要もないと伝えた。

 かつて中国人観光客が多機能温水便座を爆買いしたように、中国では温水便座はまだ普及していないので洋式トイレに快適なイメージを持つ人は少ない。ゆえに、中国では多くの人が「不特定多数の人が使うトイレでは、和式の便器のような「しゃがんで使うトイレ」のほうが良いと考えているようだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

洋式トイレって不潔じゃないの? 日本のトイレは「洋式ばかり」と首をかしげる中国人