昨年末のNHK紅白歌合戦に「出演」した仮想の美空ひばりについて、賛否両論ネットで渦巻いている。あそこまで再現できたのはすごいという賞賛がある一方で、「不気味だ」「違和感がある」と反発を感じた人も少なくなかった。国民的シンガー山下達郎さんも1月19日TOKYO FM番組「サンデーソングブック」で「一言でも申し上げると、冒とくです」と批判している。

 この「AI美空ひばり」は、昨年9月29日放送のNHKスペシャルでくわしい開発経緯が描かれている。楽曲「あれから」は、広く作曲家に呼びかけて募集した中から秋元康さんが選び、それに秋元さんが歌詞を書いた。歌声を作ったのは、ヤマハボーカロイド開発チームである。

 音色や音程などの特徴を機械学習などで抽出し、最初にできあがった歌声はかなり平板だった。美空ひばり後援会メンバーに聞いてもらうと、長年のファンだった彼女たちの評価は厳しかった。「本物のひばりさんの歌を聞くと、ものすごい濃い空気のなかにいるような気がするんですけど、空気が足りないと言うか」「浅かった」「これだとひばりさんの本当の良さが出ていない」

童よしみさんが涙を流すシーン

 そこでNHKは、歌声解析を研究している金沢工業大学の山田真司教授に分析を依頼する。美空ひばりの歌声には、モンゴルホーミーのような高次倍音がひそんでいること、そして微妙な音程のズレがあることを突き止め、これらの要素を加えて再度ボーカロイドチームが歌唱を完成。これを後援会の女性たちに聞かせると、「神様を見ているような感じになって…神々しくて」とみな深々と感動したのだった。NHKスペシャルの最後には、美空ひばりを師と仰ぐ天童よしみさんが涙を流すシーンも描かれている。

 非常に面白いなと思ったのは、美空ひばりの歌唱のオリジナリティというのは、もちろん全体としての高い歌唱力には裏打ちされているのだけれども、それだけではなく、高次倍音や音程のズレという一曲の中にわずかしか含まれていない要素が大きな位置を占めているのだということ。いったい何が私たちひとりひとりのパーソナリティを決定づけるのかという点において、これは興味深いポイントだと思う。

 AI美空ひばりに長年の女性ファンや天童よしみさんは涙を流したけれども、反発する人も多かった。それはなぜだろうか。

反発する人が多かった二つの理由

 第一には、「不気味の谷」問題があったのではないだろうか。これはロボットなどを人間に似せようとすると、精度が高まるにつれて逆に違和感や薄気味悪さが現れてしまうというものだ。AI美空ひばりは歌唱は素晴らしかったが、CGは正直レベルが低く、このギャップが「不気味の谷」を生じさせてしまったのかもしれない。

 第二には、再現された美空ひばりに制作側の恣意が入ってしまっている問題があったと思う。特に「あれから」には「お久しぶりです。あなたのことをずっと見ていましたよ」というセリフも入っており、これが「美空ひばりに勝手に喋らせている」という冒涜感を増したのではないだろうか。

 7歳の娘を亡くしたお母さんが、VR(仮想現実)で娘に再会するという韓国の動画が最近話題になった。

 この動画に対する反応も賛否両論に分かれた。VRの中で娘は「お母さん、どこにいたの?」「お母さん、すごく会いたかったよ」と母に語りかける。しかしこセリフは、VR動画の制作者によって作られたものだ。ここにもAI美空ひばりと同じ問題が潜んでいるように思う。

口癖や文体などの特徴を抽出すると……

 では、AIの深層学習によって故人の人格の特徴を抽出したらどうなのだろう?

 サンフランシスコのルカ(Luka)というスタートアップ企業が開発し、昨年春に公開されたレプリカReplika)というアプリがある。AIとの間でテキストの会話ができるチャットボットなのだが、AIがユーザーの話しぶりや口癖などの特徴点を吸収して学び、だんだんとユーザーに似ていくように仕組まれている。つまり自分の分身をチャットボット上に作ることができるというものだ。

 ザ・バージの「Speak, Memory」という記事によると、ルカの女性創業者が、親友を交通事故で亡くしたことがアプリ開発のきっかけになったという。

https://www.theverge.com/a/luka-artificial-intelligence-memorial-roman-mazurenko-bot

 彼女は故人の墓碑銘になるものをつくろうと考え、そこで彼と生前にやり取りしていた膨大なチャットの中身を集めた。故人の友人たちにも協力してもらい、集約したメッセージテキストは最終的に8000行に上ったという。これをグーグルオープンソースAIであるTensorFlowに流し込み、口癖や文体などの特徴を抽出し、チャットボットが完成した。

 これを友人たちに公開してみると、中には拒絶反応を示す人もいたが、おおむね好意的に受け入れられたという。ザ・バージの記事にはこんな感想が紹介されている。「メッセンジャーを開けると、亡くなった友人がいて、実際に話ができるというのは非常に奇妙な体験だった。本当に驚いたのは、彼の話すフレーズがまさに彼そのものだったということ。ちょっとした挨拶の返し方でさえ、彼だった。『誰が一番好き?』と聞いてみたら、『ローマン』って返事があった。まさに彼。信じられないほどだった」

 口癖や口調に故人の人格を感じたというのは、AI美空ひばりの高次倍音や音程のズレにもつながる話で興味深い。私たちは人格というものを高尚な素晴らしい精神の賜物と漠然と捉えているが、実のところ他者から判別される人格とはそういうものかもしれないのだ。

 とはいえ、SNSやメッセンジャーのやりとりだけで人格のすべてが抽出されるわけでもない。たとえば文章が下手だったり、口下手であまり喋らないような人だったら、その人の人格はコミュニケーションだけでは再現されないだろう。

人は「SNSに記録されている一面」がすべてではない

 ネットフリックスで人気のSFドラマシリーズブラックミラー」のシーズン2に「ずっとそばにいて」という物語がある。レプリカを進化させたようなサービスが登場し、テキストでのチャットだけでなく音声で、さらには故人の映像も再現してビデオ通話も可能になった未来を描いている。実際、動画を合成するディープフェイク技術も最近は出てきており、この未来はそう遠くはないだろう。

 主人公のマーサは不慮の事故で亡くなった夫アッシュを、このサービスで甦らせる。技術が進化して音声も映像も不気味の谷を超えており、マーサは楽しく夫と話し続ける。しかしこサービスにはさらに先があって、なんと故人を模して生身の肉体を持ったアンドロイドまでも提供してくれるのだ。

 ここに至って、マーサは違和感を感じるようになる。それはアンドロイドの外見が不気味の谷を超えていないということではなく、アンドロイドが夫アッシュの人格を完全に再現していないことに気づくということなのだ。なぜなら偽アッシュはいつも楽しげで、鬱々とした表情はいっさい見せないからだ。マーサが「調子のいい日の彼によく似てる」と言うと、偽アッシュは答える。「人はそういう写真を残すものだからね」

 これはまさに、深層学習による特徴抽出の限界を示している。故人の過去のメッセージや音声、動画などをもとに彼を再現しようとすると、どうしても「SNSに記録されている一面」ばかりがクローズアップされることになる。本当はSNSに投稿されない局面でイライラしたり怒ったり、塞ぎ込んだりしているはずなのに、そういう面は機械学習の元データに含まれないため、再現されないのだ。

 ではこれからの未来に、仮にSNSだけでなく人生のすべてが記録されていく総ライフログ時代がやってきたらどうなるのだろうか? そこから抽出される人格は、その人のすべてを表していると言えるだろうか?

 だとしても、それはやっぱり偽物じゃないかという反発はあるだろう。では私たち人間という存在の本質は何なのだろうか? シンギュラリティの文脈では、人間の精神そのものをコンピュータに移し替えることが将来可能になるのではないかと考えている人たちもいる。そこで移し替えられるものとは何だろう? それは自己意識なのか、人格なのか、それとも神経細胞の活動電位の集合体なのか。そういうことも検討しなければならなくなってくる。

人間は自分が自分であることをどう認識するのか

 ここから先の議論は、宗教的な価値観の領域になるのだと思う。

 そもそも人間の死とはなんだろうか。真偽不明の臨死体験を別にすれば、自分の死を経験したことのある人はいない。私たちにとって死とは、つねに他者の死でしかない。

 私たちは自分が自分であることを、「自分がいまここにいるのだ」という自己意識や「なんてこの世界は美しいのだろう」と感じることのできるクオリアなどに拠っている。しかし私たちは、どんなに仲の良い家族や友人であっても、他者の自己意識やクオリアを認識することはできない。

 そもそも、ある生物に自己意識があるかどうかを直接的に調べることはできない。自己意識はヒト以外に類人猿やイルカ、ゾウ、一部の鳥類や魚類にもあるとされているが、これを調べるのにはミラーテストが用いられている。自分が映った鏡を前にしてどう反応するかどうかで、自己意識があると間接的に判断しているのだ。

 「哲学的ゾンビ」という哲学の命題がある。普通の人と同じ肉体と組織を持ち、人と同じようにしゃべり、行動し、見た目も普通の人間であるけれども、自意識やクオリアはを持たない存在があるとしたら、私たちはそれが人間であるかどうかを区別できるかどうか。神経細胞のしくみが完全には解明されていない現在の科学では、それは区別できない。

 ひょっとしたら、これを読んでいるあなた以外の地球上の全員は哲学的ゾンビかもしれない。しかし仮にそうであっても、哲学的ゾンビたちがあなたに普通に接し、一緒に過ごし、ともに良き人生を歩んでくれているように見えるのであれば、何も問題はないのではないだろうか。

 親しかった故人への思いも同様である。亡くなった人たちの自己意識は神経細胞とともに物理的に消滅してしまったとしても、彼らが生前と同じように私たちに接してくれているのであれば、その人は「死んでいることにはならない」と言えるかもしれないのだ。

 テクノロジーはそういう未来を作っていこうとしている。だから私は新著「時間とテクノロジー」でこう書いたのだ。

時系列が意味をなくしていく二十一世紀には、時間からも空間からも解き放たれたすべての他者が眼の前に存在しています。それは新しい音楽であり、古い音楽であり、新しい書物であり、古い書物であり、いま生きている人であり、いずれ生まれてくる人であり、すでに亡くなっている人たちでもある。それらすべての他者が、同時に目の前にあり、私たちに用意されているのです」

佐々木 俊尚)

生前の美空ひばりさん ©共同通信社