マジョルカに所属する日本代表MF久保建英が21日に敵地で行われたラ・リーガ第25節のレアル・ベティス戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。

6試合ぶりスタメンの久保は27分にFWアンテ・ブディミルのゴールをお膳立てすると、1点ビハインドの続く70分に右足で今シーズン2点目となる同点ゴールを記録。3-3の引き分けに持ち込み、暫定ながら降格圏を脱出した。

1ゴール1アシストの結果を残した久保は試合後、「僕たちはエスタディオビジャマリンでの結果に満足しています。これ以上の結果を求めることはできないです。彼らは試合のほとんどを支配していましたが、カウンターゴールを奪いました。ラ・リーガに残留するためには、できる限りのことをしなければなりません。今日は可能な限りのことを全てしました。このような試合でも最も重要なのは結果です」と回想している。

また、自身のゴールについて問われると、「スタメンとゴールには満足しています。ですが、最も重要なことはアウェイで3ポイントを獲得することです。それを達成するために練習に取り組んでいます」と自身のパフォーマンスよりも、チームの勝利が大切であると力説した。

サムネイル画像