「ロコモティブシンドローム(運動器症候群=通称“ロコモ”)」という病態があることについては、ある程度浸透したようだ。骨や関節、筋肉などが劣化して、放置すると寝たきりの要因となる状態。「平均寿命」から「健康寿命」を差し引いた数字を作り出す最大の温床と考えられているのがこの「ロコモ」なのだ。

 したがって、ロコモに注意すべきは中高年――というのが一般的な考え方なのだが、ここに来て「子どもに起きるロコモ」が、整形外科医の間で話題になっているというのだ。

 その名も「子どもロコモ」。いったいどんなロコモなのだろう……。

「だるい」

かったるい

「たまの休みくらいゴロゴロさせて」

 日本中のお父さんの多くが日曜日になると口にする常套句だ。

 ところが最近、こうした発言が小学生の口を突いて出るようになっているという。大人のまねをしているわけではない。本当に「だるく」て、「かったるい」のだ。

「これこそ、まさに“子どもロコモ”の典型的な症状です」

 と語るのは、大阪府吹田市にある戸田整形外科リウマチ科クリニック院長の戸田佳孝医師。詳しく説明してもらおう。

子どもロコモをチェックする5つのチェックリスト

「ロコモティブシンドロームとは、運動機能の低下した高齢者が体を動かさなくなることで、さらに“運動器”の劣化が進んでいく状態。最終的には寝たきりになる危険性を孕んでいます。そして、これと同じことが子どもに起きているのが“子どもロコモ”。そもそも高齢者の場合は、加齢に伴う体力の低下がベースにありますが、子どもがロコモになる原因はちょっと違う。

 ゲームで遊ぶ時間が増えたため体を動かす時間が短くなり、屋外で安全に遊ぶ場所も減った。加えて車社会の進展や防犯上の都合から“車移動”が増えるなど、日常の中での様々な変化、言い換えれば『生活が便利になったこと』が影響して、子ども運動不足になっている。その結果、子どもたちのロコモが増えているのです」

 埼玉県小学校1年生を対象に、子どもロコモをチェックする5つの項目をチェックした調査結果がある。チェック項目は次の5つだ。

(1)    両腕を真上に挙げられるか

(2)    前に腕を伸ばした状態で手首を上下に動かせるか

(3)    床にかかとをつけてしゃがめるか

(4)    前屈をして床に指が着くか

(5)    5秒以上片足立ちができるか

 調査の結果、このうちの一つでもできない子どもが約4割に上ったというのだ。

将来の生活習慣病を約束された状態に……

 しかし、こうした運動ができないと、どんな問題が起きるのだろう。戸田医師は、それぞれの項目ごとに「できない子どもに起き得る問題」を解説する。

「(1)の両腕を真上に挙げられない子どもは、肩甲骨の可動域が悪いので、肩こりや首の痛みを引き起こしやすくなります。(2)は“手首の柔軟性がない”ことを示唆しており、転倒した時に咄嗟に体重を支え切れずに大きなけがを招きかねません。跳び箱に手をついただけで手首を骨折する子どもが最近増えているのはまさにこれが原因です。(3)のしゃがみ込みができない子どもは、足首の可動域が悪いので捻挫や足首の骨折の温床となる。(4)の前屈ができない子どもは、骨盤の可動域が悪いので腰痛の原因に。(5)の片足立ちができない子どもバランス感覚がよくないので、転倒骨折のリスクを高めてしまいます」

 しかも、問題はこれだけではない。戸田医師によると「できない項目」が複数に及ぶと、「起きているだけでだるい」「動くだけで疲れる」と感じるようになり、冒頭で出てきた“日曜日お父さん”のような状態になってしまうというのだ。

「これは単にズボラに見えるだけでなく、集中力や精神力を低下させ、行動力にも影響を及ぼします。つまり体力だけでなく学習能力の低下にもつながるのです。しかも、この状態のまま大人になると当然のことながら肥満傾向になるので、いずれはメタボリックシンドロームから糖尿病や血管性の疾患を招くことになっていく。つまり、子どものうちから将来の生活習慣病を約束された状態になってしまうのです」

体の前で腕を組んで5秒間しゃがむ

 将来のリスクを下げるには、子どものうちにロコモを克服するしかない。

 たとえば、(3)の「しゃがみ込みができない」というのは、和式トイレが減ったことと、イスに座る生活様式が普及したことで“正座”をする機会が激減したことが影響している、と戸田医師は指摘する。

「腕を前に伸ばした形でしゃがむ練習をすると、うまくできることがあります。それで5秒間座れるようになったら、次は体の前で腕を組んで5秒間しゃがむ。それもできるようになれば、アキレス腱も伸びてきているので、最後は手を背中の後ろで組んで5秒間のしゃがみ込みに挑戦しましょう」

くるぶしが露出するソックスを履くのは避けたほうがいい

 子どもの“成長”に関連して、戸田医師が警鐘を鳴らすのが「ソックス」の選び方。最近はショートベリーショートなどの、“くるぶしの見えるソックス”を履いている子どもが増えているが、これは避けてほしいと呼びかける。

「骨は“くるぶし”で成長しています。くるぶしは構造上皮下脂肪が少なく、皮膚の下にすぐに血管があるので、冷えが直接成長軟骨にダメージを及ぼしてしまう。20歳を過ぎて成長が止まってからなら大きな問題はないけれど、子どもや成長期のうちはくるぶしが露出するソックスを履くのは避けたほうがいい」

 他にも、(1)の腕を真上に挙げられない子どもなら、顔の前で両手首と肘をくっつけた状態にして、肘があごより上になるようにするストレッチ、(2)の手首の運動が弱い子どもなら、肘を伸ばしたまま、反対側の手で指先を持ち手首を上下に動かすストレッチをするなどが有効だというので試してほしい。

 もちろん、子どもやらせる以上は親が手本を示す必要がある。事前の予行演習は不可欠だ。

 どうです。かかとを床に付けたまましゃがめますか?

 えらそうにこの記事を書いている記者は、しゃがめません。

(長田 昭二)

©iStock.com