文:ギャルソン屋城

 アトラスペルソナチームコーエーテクモゲームス・ω-Forceがタッグを組んで贈る、『ペルソナ5 スクランブル ザ ファントム ストライカーズ』(以下、『P5S』)。『ペルソナ5』の後日談を描く正統続編にして、『ペルソナシリーズ初のアクションRPGという期待の新作だ。


【画像23点】「『P5S』渋谷ジェイル攻略&ストーリー紹介! 冒険に役立つ基礎知識も解説」をファミ通.comで読む(※画像などが全てある完全版です)

 ストーリーや育成要素など『ペルソナシリーズテイストはそのままに、『無双』シリーズなど多数のヒット作を生み出した本格派のアクションが楽しめるこの作品だが、初モノ尽くしということで、どう進めたらいいのかわからない……という人もいることだろう。本記事では、そんなプレイヤーに役立つこと間違いなしの、序盤(渋谷ジェイル)プレイガイドをお届けする。


ペルソナ5』の後日談を描いたストーリー
  『P5S』では、『ペルソナ5』のエンディングより約半年後、主人公たちが高校3年生に進級した年の夏休みに起こった出来事が描かれている。新島真(声:佐藤利奈)や奥村春(声:戸松遥)は大学生になっており、佐倉双葉(声:悠木碧)は引きこもりを脱却して学校に通うように。そして主人公の居候先だった喫茶店マスター、佐倉惣治郎も『ペルソナ5』の初期のころを思うとかなりやさしくなっている……!


 『ペルソナ5』をプレイしたファンにとっては、何もかもが懐かしく、そして気になっていたはずの“その後”が楽しめる、喜びの詰まった作品であるはずだ。今回はキャンピングカーに乗って全国を回ることになるのだが、戦いの合間には屋台巡りをしたり、観覧車に乗ったりと青春っぽいイベントも挿入されるのでお楽しみに。


 一方で『ペルソナ5』をプレイしたことがない、同作を知らない人にとっては登場人物たちの人となりを知るのに少し時間はかかるかもしれないが、主人公たち“心の怪盗団”の面々はそれぞれ個性的でキャラクターが“立っている”うえ、ストーリーの構造が“悪を倒して改心させる”というわかりやすいものになっているので、プレイしているうちにすぐ『P5S』の世界観にもなじめるだろう。

第1の関門、渋谷ジェイルを攻略!
 物語は、主人公夏休みを利用して心の怪盗団の仲間たちに会いに上京してきたところから始まる。アジト(純喫茶ブランの2階、主人公の部屋)に集まった彼らは、再会を祝して盛り上がる。

 翌日、バーベキューの準備のため渋谷へ買い出しにやってきた主人公坂本竜司(声:宮野真守)だが、そこで人気タレントの柊アリスと出会ったことがきっかけで、見知らぬ異世界ジェイル”に迷い込んでしまう……。


 そこは、“王(キング)”と呼ばれる主の命により、シャドウが人間の“ネガイ”を奪う恐ろしい世界。主人公たちは、王を改心させるため、ネガイを取り戻して人々を元に戻すため、再び怪盗活動へとその身を投じるのだった。

 最初の舞台となるのは“渋谷ジェイル”。しかし、よくあるチュートリアルも兼ねた楽勝難度のステージだとあなどることなかれ。難易度NORMAL”でも何も対策なしに挑むとけっこうバッタバッタとやられてしまう(難易度は変更可能なので、難しいと感じる人は途中で“EASY”にするのもオススメ)。

 ここでは、渋谷ジェイルで押さえておきたい攻略ポイントを紹介していく。


(1)マルクシティのチェックポイントが解放されたらレベル上げ&装備調達
 渋谷ジェイルの探索が本格的に始まって間もなく、最初のチェックポイントマルクシティからの出口付近で解放される。『P5S』では『ペルソナ5』のパレスと異なり、ジェイルから何度出入りしても(イベントを除く)時間が経過しない。そのため、回復やアイテム購入のためにこまめに出入りできるのだ。


 また、各ショップの商品は、一部を除いてジェイル内で何回かバトルをこなすと在庫が回復する。とくに戦闘不能回復系のアイテムは(この時点ではまだ購入できないが)よく使うことになるので、ジェイルから出るたびに買い足しておきたい。

 一方、渋谷ジェイルではこの後、中ボスクラスの手強い敵や厄介な集団との戦いが続けて待っている。そこに初期装備で挑むのはリスクが高いので、操作の習熟も兼ねてここで各キャラクターレベルを上げつつお金を貯めて全員ぶんの武器防具を揃えておくことをオススメする。なお、優先順位は武器→防具の順番で、アクセサリは現時点ではあまり気にしなくていい。


(2)中ボス戦はスキルで弱点を攻めよう
ペルソナシリーズお約束でもあるが、本作でもバトルの鍵を握るのは“弱点攻め”。ザコ敵はともかく、中ボスなど“名前付き”の強敵が相手のときは、惜しみなくスキルを使って弱点を攻め“1MORE”など追撃を狙っていきたい。スキルで弱点を突くと、敵のHPゲージの下に表示される盾のマークが消費されていき、それがなくなると強力な“総攻撃”を仕掛けられるようになるのもオイシイ。

 ちなみに、敵の弱点はスキル選択時などに調べたい相手を射程範囲に入れると表示される。


 なお「せっかく弱点がわかったけど、弱点属性の攻撃スキルを持ったキャラクターバトルパーティーに入っていないんだけど!」という人は、そのまま頑張るか、全滅して該当するキャラクターを編成してもう一度挑むといいだろう。とくに王(キング)や、その前に戦うことになるロックキーパーはいくつかの攻撃パターンを持っているので、それを覚えるためにも一度“捨て戦”をして弱点やパターンを把握して挑みなおすのも手だ。


(3)705の隔壁を巡るバトルでは“ファントムムーヴ”を活用せよ!
 3つの牢獄塔をクリアーした後に待っている、渋谷ジェイル前半戦最大の難関。主人公が囮となって、無限にワラワラと湧いてくる敵の相手をしながら時間稼ぎをするというもの。ジャックランタンのアギやピクシーのジオ、バイコーンの突進など、死角からいくつも攻撃が飛んでくるので、まともに相手をしていたらけっこうアッサリやられてしまう。

 そこで活用したいのが、信号機や街灯の上へと飛び移る“ファントムムーヴ”。敵が群がってきたときに、緊急回避としても使える便利なアクションだ。ただし、信号機などの上に移っても、そこでボサッとしているとスキル攻撃を食らってしまうので、1ヵ所に止まることなくさらにほかのオブジェに飛び移ったり、特殊アクションで敵を攻撃したりすること。


 それを休むことなくくり返していれば、ローリスクイベントバトルをやり過ごすことができるはずだ。


(4)サキュバス戦では“銃”と“洗脳対策”が鍵を握る
 アリスの城を目指し、外壁から潜入すると城目前で中ボス“黄昏の女娼(サキュバス)”との戦いに突入する。

 弱点属性は銃撃、疾風、祝福と3つもあって戦いやすそうに見えるのだが、接近戦にかなり強いうえに、食らうと洗脳状態になって操作不能に陥る“マリンカリン”を使ってくるなど、見た目だけでなく行動もいやらしい


 というわけで、ここではローリスクで戦える銃撃をメインに戦法を組み立てたい。銃撃はプレイステーション4版だとL1を押しながら照準を合わせ、R1で発射という操作で行える(主人公や春は特殊攻撃ボタンでも放てる)。

 銃撃が当たると、高確率で“1MORE”が発生するので、バトンタッチなども駆使して追撃し、向こうが目覚めたらまたすぐに距離を取って銃撃を狙う……というやりかたをくり返していけば、だいぶラクに戦えるはずだ。なお、銃弾には限りがあるので、残弾がゼロになったらバトンタッチをして違うキャラクターで再び銃撃を開始しよう。

 守備面では、洗脳対策をしておきたい。マリンカリンは自分が操作していない味方キャラクターも食らう可能性が高く、食らうとそのままボコボコにされて戦闘不能になりやすいので、味方が洗脳状態になったというメッセージが出たらすぐに“テラシャキ(セントラル街で購入可能)”で回復するのだ。


(5)サードアイでギミックを見破れ
 アリスの城に突入したら、さっそくエントランスギミックが仕掛けられている。どうやら上に行くための扉を開けるスイッチがあるようなのだが、順番を間違えると敵がわんさか出てきてしまう。いったいどんな順番で押せばいいのか……?

 ここで活用したいのが“サードアイ”。これを使うと、部屋の中に何やら足あとが浮かび上がってくるのだ。これをヒントスイッチを押していけば、扉が開くという仕組み。あとは自分でいろいろ試してみよう。


(6)ロックキーパー戦は全力でスキルを叩き込め
 渋谷ジェイルで一番やっかいなのが、アリス戦の前に立ちはだかるこのロックキーパー戦。

 攻撃範囲が広く、しかもダメージが大きく、挙げ句の果てにやたらと固い。ここは、弱点属性の火炎、疾風、祝福、呪怨のスキルをフルに使って、消耗戦になる前に一気にカタをつけたいところ。


 パーティーメンバーにはモルガナや杏、ソフィアといった、それらの弱点を突けるスキルを持ったキャラクターや、緊急回避技(□□□□△など、ヨハンナを召喚して無敵時間を利用して逃げ出せる)を持った真を入れてもいい。

 双葉の“モラルサポート”による回復や、惜しみなくアイテムも使ってSPを補充しながらスキル攻撃を続け、一気に倒してしまおう。なお、HPが減ったら味方が“ディア”などのスキルを使ってSPを消耗してしまう前に、アイテムで回復してしまうことをオススメする。


(7)アリスは深追いせずコツコツチクチク
 最後に待つのはこのジェイルの王(キング)、マッドラビット・アリス。弱点属性は火炎と疾風なので、杏とモルガナパーティーに入れておきたい。

 基本方針としては、杏を操作してつねにエンチャント(特殊攻撃ボタン1回押し)状態にしながら通常攻撃でダメージを与えていき、アリスが攻撃モーションに入ったら攻撃を食らわない位置まで距離を取り、空振らせて再び接近して攻撃……というパターンをくり返すこと。アリスは攻撃の前に必ず技名のフキダシが出てくるので、あらかじめ距離を取っておけばだいたい食らうことはない。また、スキル攻撃はHPが半分以下になるまで温存しておくといい。


 また、“みんな見てる~?”のセリフが出たら直後に中央のポールで回り出すので、セリフを確認したらすぐファントムムーヴで近くのクラッカーに取りつき、発射して撃ち落とそう。


 アリスはHPが半分以下になると“ミンチにしてやる!”という、やっかいな大回転攻撃を仕掛けてくるようになる。右下のレーダーマップを見ながら、近付いてきたと思った瞬間に回避ボタンを押すようにすると避けやすい。

 と言っても、全体的に攻撃的になってリスクが高まるので、ここまで温存しておいたSPでスキル攻撃を連発し、一気に倒してしまおう。


攻略の基本4ヵ条
 渋谷ジェイル以降も役に立つ、攻略知識も紹介。

(1)リクエストショップの品揃えを充実させよう
 仙台ジェイル攻略の途中から、“リクエスト”が解放される。中でも、通販で買える品揃えを増やす依頼や、強力な装備が手に入る依頼は最優先で片付けておきたい。


(2)装備はつねに最強で
 (1)にも関連して、新しい都市に移動したら、リクエストで通販の品揃えを解放して追加された装備を購入すること。あらかじめ装備を最強に調えておけば、新しいジェイルの攻略もグッと楽になるのだ。お金が足りないときは、一度クリアーしたリクエストを再受注するなどしてレベル上げも兼ねてのお金稼ぎをしてでも、装備は調えておくこと。


(3)料理は勝利の道しるべ
 こちらも仙台ジェイルから解放される“料理”。各地のショップなどで“レシピ”を手に入れることで作れる品目は増えていく。とくにSPを回復する“ルブランコーヒー”や“ルブランカレー”などはいくつあっても足りないくらい。ジェイル攻略中もこまめに離脱してショップや通販で材料を買い揃えておくといい。


(4)マスターアーツを習得しよう
 みずから操作して、たくさん敵を倒すと解放されていく“マスターアーツ”。主人公の“ファントムショット”や“バーストショット”、杏の“ウソ泣き”、祐介の“凍結カウンタ”、春の“弾雨に唄えば”、“エトワール”など、あるとゲーム難易度が一気に変わるくらい強力なものもあるので、レベル上げ&お金稼ぎの際には全キャラクターをまんべんなく使って習得させておこう。


 とくに、春の“弾雨に唄えば”はロックキーパー戦で大いに役立つことになる(遠距離からランチャーで撃ち放題の7連砲撃を連発して安全に戦えるようになる)ので、早めに覚えさせておきたいところ。





(C)ATLUS ©SEGA/ (C)KOEI TECMO GAMES All rights reserved.