韓国・Kリーグは21日、新型コロナウイルスの影響により、開幕戦の一部を延期することを発表した。

Kリーグ1とKリーグ2(2部)の代表者が集まった会議を21日に実施。29日に開幕を迎える予定だったが、最近の新型コロナウイルスの急速な感染拡大を鑑み、一部地域での試合開催を延期させると決定した。

今回延期されるのは、「感染症特別管理地域」に指定された大邱-慶北地域での試合。Kリーグ1の大邱FCvs江原FC、浦項スティーラースvs釜山アイパークの2試合とのこと。現時点での代替日程は発表されていない。

なお、大邱市では現在急速に新型コロナウイルスが拡散しており、感染者が1日で倍増する地域となっている。

残りの試合に関しては、実施予定となっているものの、今後の感染拡大などによる日程変更は韓国サッカー連盟の判断に委ねられることとなった。

Kリーグ1開幕カード
▽2/29(土)
全北現代モータースvs水原三星ブルーウィング
蔚山現代vsFCソウル

▽3/1(日)
光州FCvs城南FC
仁川ユナイテッドvs尚州尚武FC

▽延期
大邱FCvs江原FC
浦項スティーラースvs釜山アイパーク

サムネイル画像