■シボレー・コルベット、ポンティアック・ファイヤーバードなどのほかスズキ・ジムニーにも対応

横浜ゴムは、レースやヒストリックカー、オフロードなど、クルマの趣味に対応する新商品の開発と、既存商品のサイズラインアップ拡充を図っていく「ホビータイヤ」戦略を掲げ、ヒストリックカー向けに適したタイヤの開発、供給を継続すると発表しています。

詳細画像はこちら ヨコハマタイヤの「RADIAL 360 STEE」が日本でも発売開始

同社は、ヒストリックカー向けのホワイトリボンタイヤRADIAL 360 STEEL(ラジアル・サンロクマル・スチール)」を2020年3月5日から発売するとアナウンスしました。発売サイズは、「P215/65R16 96S」「P205/75R15 97S」「P215/75R15 100S」「P225/70R15 100S」の全4サイズ

同商品は海外市場向けとして人気を集めているそうで、今回日本でも販売されることになります。

RADIAL 360 STEEL」は、クラシックパターンデザインサイドデザインに加えてサイドウォールに施されたホワイトリボンが特徴で、レトロ感あるルックスがヒストリックカーを当時の雰囲気に近づけます。発売に先行して発表された「東京オートサロン2020」では、ヒストリックカーオーナーの方々を中心に話題になっています。

詳細画像はこちらRADIAL 360 STEEL」を装着したシボレー・コルベットC2

今回、発売されるサイズは、ゼネラルモーターズシボレーコルベット」「シェベル」、ポンティアックの「ファイヤーバード」など、1960年70年代アメリカ車などに最適なタイヤになっています。また、カスタム用としてスズキ・ジムニーなど現代のクルマにも装着可能で、クラシックスタイルを楽しむこともできます。

横浜ゴム2月22日よりパシフィコ横浜神奈川県)で開催される「Nostalgic 2daysノスタルジックツーデイズ)」などのヒストリックカーイベントにも出展し、今後もカーオーナーの皆様の貴重な意見をもとに引き続きヒストリックカー向け商品の開発を実施していくとしています。

(塚田勝弘)

横浜ゴムのヒストリックカー向けのホワイトリボンタイヤ「RADIAL 360 STEEL」が日本でも発売(http://clicccar.com/2020/02/22/956193/)