詳細画像はこちら

2年連続の暖冬

text&photo:Tetsu Tokunaga(徳永徹)

暖冬の影響でスタッドレスタイヤの売上が伸び悩んだこの冬。日本のタイヤメーカーが、オールシーズン銘柄の市場に本格参戦を始めて最初の冬とも重なった。

住友ゴムは「ダンロップ・オールシーズンマックスAS1」、横浜ゴムは「ブルーアース4S AW21」を投入。前者は21サイズ(13~18インチ)、後者は19サイズ(14~19インチ)を用意する。

詳細画像はこちら
新型トヨタRAV4SUVオールシーズンタイヤを履かせて走行。

ブリヂストンも、ファイアストン・ブランドの「ウェザーグリップ」を店頭に並べている。

TOYO TIRESは、SUV向けに絞った「セルシアス」を6サイズ(15~17インチ)発売。仏ミシュランは「クロスクライメート・シリーズ」を14~20インチまで送り込んでおり、発売予定のものを含めるとカタログ上は70サイズを超える。

日本のオールシーズンタイヤ市場に、いち早く戦略的に製品を投入してきたのは、米グッドイヤーの日本法人だ。

ライバル社の参戦にさぞかし肝を冷やしているかと思ったのだが、そうでもない様子である。

グッドイヤーの調べでは、冬季の道路環境が日本に近いヨーロッパにおいて、オールシーズンタイヤの市場構成比はおよそ10%(2019年)。

対する日本市場はどうか? オールシーズンを履くクルマの割合は、まだ「100台走っていたら1台いるかいないかくらい(同社幹部)」という。

わずか数%に過ぎない。日本は、これから成長期を迎えるマーケットなのである。

危機感よりも、好機

日本グッドイヤーの金原雄次郎 社長は、他社の参入について「市場が大きくなっていくという意味で、われわれにとってもチャンス。歓迎すべきこと」と、報道陣を集めた懇親会で話している。

「欧州は100台のうち約10台がオールシーズンを履いている」

詳細画像はこちら
グッドイヤーのオールシーズンタイヤの主力はベクター4シーズンズ・ハイブリッド

「日本市場で今後7、8%まで増えることはありえる。ただ、それがどれくらいのスピードで起きるかはなんとも言えない。欧州は(10%まで増えるのに)30年くらい掛かっているが、そこまでは掛からないと思う」

危機感というよりも、流れをうまく掴みたいという話しぶりだった。

夏・冬の履き替えが不要、外したタイヤの保管スペースが不要。こうしたメリットを考えれば、非降雪エリアを中心に、ユーザーが増える伸びしろは少なくない。

目下の課題は、オールシーズンタイヤという新たな選択肢が、一般的なドライバーに浸透していない現状を好転させること。他社が参入することで、第3のタイヤとして市場自体が広がれば、それだけチャンスが増えるわけだ。

世の中の視線がこのカテゴリーに向けば、グッドイヤーには強みがある。

第1に、すでに日本市場で展開しているオールシーズンタイヤが58サイズあるということ。

同社には、乗用車向けの「ベクター4シーズンズ・ハイブリッド」と、SUV用の「アシュアランス・ウェザーレディ」が存在し、前者は45サイズ(13~18インチ)、後者は13サイズ(16~20インチ)を数える。まだまだサイズが少ない日本メーカーの倍以上の品揃えである。

また、軽自動車向けとなる13インチについては、155/65R13~155/80R13まで5種類が用意され、後発メーカーに大きく差を付けている。

いま、口コミが重要なワケ

2番目の強みは、前述のベクター4シーズンズの日本向けラインナップを、2016年の時点で大幅に拡大したということ。この頃に購入したユーザーが、すでにタイヤ交換の時期を迎えているのだ。

同社の調査では「9割近い方が満足されていて、再購入の意向も非常に強い(有田俊介マーケティング本部長)」という。

詳細画像はこちら
スタッドレスタイヤオールシーズンタイヤを比較する機会も。

現代のマーケティングにおいて何よりも大切な“ユーザーの声”を、いま手にしているメリットは大きい。なにしろオールシーズンタイヤというのは、1年以上の使用を経て評価が定まる性格の品だから、短期間では口コミも集まらない。

既存顧客の満足度が高いというのだから、ユーザーの囲いこみも期待できる。

また、1977年に世界初のオールシーズンタイヤを発売した「オールシーズンタイヤパイオニア」というフレーズは、明確な個性を出しづらいタイヤ業界にあって、他社には真似ができないメッセージとなっている。

世界にはオールシーズンを名乗るタイヤは多く存在し、冬タイヤベースに開発したものもあれば、夏タイヤ寄りの性格を強めたものもある。冬用としての性能をどこまで追求するかについても、地域によって考え方が異なる。

グッドイヤーのオールシーズンタイヤは、「高いレベルでのバランスが取れていることが強みの1つ。夏にふったわけでもなく、冬にふったわけでもない。ある部分だけを見るのではなく、全体を見てもらえればバランスを分かって頂ける(金原社長)」というキャラクターがある。

取材班が訪れた雪上走行会は、午前と午後とでコンディションが大きく変わったが、クルマコントロールに困るそぶりを見せるドライバーはいなかった。

しかし日々の運転はこれとはまた別の世界。

ドライビングの経験値・癖は人それぞれだし、クルマの性能も使われ方も異なる。安全に直接関わる部分の話しだから、1人ひとりの声が一層大きな意味を持つ。ユーザーの支持を得るのは、どのタイヤメーカーになるだろう。


■グッドイヤーの記事
【市場は変わるか?】オールシーズン・タイヤの伸びしろ 10%のドライバーを振り向かせるには
【体重まで計るの?】グッドイヤー飛行船、乗船レポート 先客が降りないワケとは
【LMP2 タイヤ単独供給】グッドイヤー、エフィシエント・グリップ・エコEG02発表 オートサロン2020
日本グッドイヤー イーグルF1アシメトリック5発表 レクサス用コンセプトも TMS2019

■ダンロップの記事
【市場は変わるか?】オールシーズン・タイヤの伸びしろ 10%のドライバーを振り向かせるには
【アルファードとは異なる味つけ】“上級送迎車” トヨタ・グランエースの秘密に迫る
【波の形がポイント】ダンロップ・新タイヤ、ビューロVE304登場 東京オートサロン2020
【トヨタ・グランエース】新車装着タイヤに、ダンロップの快適・ロングライフ銘柄

■トーヨーの記事
【市場は変わるか?】オールシーズン・タイヤの伸びしろ 10%のドライバーを振り向かせるには
【創業75周年】トーヨータイヤ プロクセス/オープンカントリー遣い集合 東京オートサロン2020
哀川翔が監督 川畑真人、アジアクロスカントリーラリー2019に挑戦 タイヤはTOYO
ウェット性能最高グレード プレミアムSUV向け「プロクセス・スポーツSUV」 トーヨー

ミシュランの記事
【市場は変わるか?】オールシーズン・タイヤの伸びしろ 10%のドライバーを振り向かせるには
【社会人1年目、ポルシェを買う。】第102話:「Nタイヤ」とは何なのか? ミシュランに聞いてみた。
【ミシュラン新製品】「エナジーセイバー4」 日本設計/開発 日本市場最優先の低燃費タイヤ
【低燃費タイヤ】ミシュラン・エナジーセイバー4 ウエット性能/静粛性 さらなる向上めざす

ヨコハマタイヤの記事
【市場は変わるか?】オールシーズン・タイヤの伸びしろ 10%のドライバーを振り向かせるには
【軽トラ リフトアップ】SUV用タイヤ、ジオランダーX-ATの14インチ キャンピングカーショー
【ホワイトリボン】横浜ゴム、ラディアル360登場 オールシーズンのブルーアース4S AW21も TAS2020
【タイヤはなぜ黒い?】黒さの秘密は「カーボンブラック」 いっぽうで「ホワイトカーボン」も

【市場は変わるか?】オールシーズン・タイヤの伸びしろ 10%のドライバーを振り向かせるには