リクルートスーツや、就職後2着目のスーツをどこで買うか。最近はユニクロしまむらなどのアパレルブランドで、1万円未満の高品質スーツが売れられていて、20代ビジネスマンの支持を集めています。

ドン・キホーテ
※画像はイメージです(以下同じ)
 そんななか、あの「ドン・キホーテ」でスーツが売られているということは、どれくらい認知されているのでしょうか。

 今回は1万円以下で並ぶ“激安スーツ”のクオリティを、『真似するだけで印象が劇的によくなる 38歳からのビジネスコーデ図鑑』(日本実業出版社)の著者、森井義行氏が検証してみました(以下、森井氏寄稿)。

ドン・キホーテ銀座店でプロがチェック

ドン・キホーテスーツが売られている」というのをどれだけの人が認識していたでしょうか? 私もブランド物のサングラスボクサーパンツネクタイなどを見かけたことはあるものの、「ドンキ」と「スーツ」があまり結びつきませんでした。

 でもネクタイを扱っているということは、当然スーツもあるはずですよね。

 私がチェックした銀座店では、広いフロア面積に対して20着ほどのスーツが陳列されていましたが、恐らく意識的にスーツを探しに行かない限り、そう簡単には見つけられないような印象です。

 売り場には9880円と7980円の価格帯、2種類のスーツが並んでいました。9880円のスーツには「メーカー¥19980の品」という表記が。常に半額で売られているのでしょうか。

アンダー1万円で2種の価格帯

ドンキのスーツ

 どちらもシャドーストライプと呼ばれる織りがある黒いスーツ。いわゆる通勤電車で見掛けるサラリーマンが着ているスーツそのもので、高級感はありませんが、パッと見たときの印象は紳士服店で並んでいるものと遜色ないよう見えます。

 また、S・M・Lのような画一的なサイズではなく、JIS規格に基づいた紳士服同様、A5・Y6というように身長・横幅によって体格に合わせられる展開です。オーダーメイドではないので、自分のサイズが欠けている可能性もありえますが、近いサイズを選ぶことで、チグハグに見えることはなさそうです。

激安スーツの印象を格上げするコツ

 ドンキのみならず、サラリーマンが着ている黒いスーツ全般に言えることですが、ネクタイの「色」「柄」次第で、スーツの印象はガラッと変わります。

 わざわざ高いネクタイを購入する必要はありません。ではどんなタイプネクタイを選んだらよいのでしょうか?

 まず、柄は、ストライプよりソリッドと呼ばれる無地ネクタイで簡単に印象が良くなります。

 色は「ブルー」「パープル」など、濃く鮮やかな色が黒スーツには映えます。逆に淡い色のネクタイは、黒いスーツに負けてしまうので避けましょう。見た目の印象は、ネクタイに工夫を凝らすことで最低限、整えられます。

“激安スーツ”で不測の事態を

森井さん
ドンキスーツを着用した著者近影
 それ以上に、私が気になったのは、素材が、ウールではなく「ポリエステル100%」である点です。

 一般的にポリエステルスーツは、素材に強度があるので“防しわ性”に定評がありますが、1度しわになってしまうと、なかなか取りづらいという側面も持っています。

 そのため、急にスーツが必要になったときには代用品としての役割を果たしますが、普段使いにはあまり向いていないというが私の結論です。

 大事な打ち合わせの直前に、転倒して破れてしまったり、コーヒーをこぼして大きなシミを作ってしまったりと、何らかのトラブルが発生した場合に、昼夜を問わず営業する「ドン・キホーテ」の“激安スーツ”をうまく使って、ピンチを凌ぐのが最適解なのではないでしょうか。

TEXT/森井良行>

【森井良行】

株式会社エレガントカジュアル代表取締役。’79年 千葉県出身。のべ4000人を超えるビジネスマンの買い物に同行する服のコンサルタント。公式サイト「エレカジ」、著書『真似するだけで印象が劇的によくなる 38歳からのビジネスコーデ図鑑』が発売中

ドンキのスーツを着用した著者近影