ウォルト・ディズニースタジオの実写映画「ムーラン」が、同社の実写リメイク映画として初めてアメリカでPG-13指定となったことが明らかになった。

シンデレラ」「美女と野獣」「ダンボ」「アラジン」など、ディズニーは往年の名作アニメーションを次々と実写映画化している。これらの作品のアメリカでのレイティングは、G(全年齢対象)かPG(保護者の検討を推薦する)だったが、「ムーラン」は「13歳未満の子どもの鑑賞について保護者の厳重な注意が必要」とされるPG-13指定に。同社の実写リメイクとしては初だが、ディズニーが配給する「スター・ウォーズシリーズマーベル作品の大半がPG-13指定となっているため、アクションに力を入れた証拠ともいえそうだ。

ムーラン」は、愛する父の身代わりとなり、兵士として国の運命をかけた戦いに身を投じるヒロインの物語。ムーラン役には、「ザ・レジェンド」のリウ・イーウェイが抜てきされた。ほか、「ハンニバル・ライジング」のコン・リー、「ローグ・ワン スター・ウォーズストーリー」のドニー・イェン、「エクスペンダブルズシリーズジェット・リーら、ハリウッドでも活躍する国際は俳優陣が脇を固める。ニュージーランド出身の女性監督ニキ・カーロ(「クジラの島の少女」)がメガホンをとった。

ムーラン」は、4月17日から全国で公開。

日本では4月17日公開 (C)2020 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.