Image: NASA

頭脳明晰で体力自慢のアメリカ人かー。

2024年までに、人類を再び月面に降り立たせようというNASA「アルテミス計画」。そして国際宇宙ステーションISS)と、ゆくゆくは火星に行きたい宇宙飛行士の募集が掲示されました。

NASAにより、その条件が提示されています。

・米国市民権所有者

・科学、技術、工学または数学の分野(STEM)に関連した、博士課程に向けた2年間(36学期または54四半期)の研究をした者

・医学博士又はオステオパシー(整体)医学博士の課程を修了した者

・全国的に認知されたテストパイロットスクールプログラムの修了(または現在の登録で、2021年6月までに完了する予定)の者

それだけでなく、少なくとも2年間、関連性を伴い、責任を負う専門的な経験を積んでいるか、ジェット機で少なくとも1,000時間の指揮官の時間を有しているかの、どちらかの経験を持っている必要があります。その上で、NASAの長期宇宙飛行に耐えられる身体能力を持っていないと合格できません。ついでに、身長が157~190cm以内でないと、用意された宇宙服にフィットしないんですって。

募集開始は3月2日より。応募はオンラインで申し込むことができます。

1年に6人弱しか候補生になれない

NASAの記事を取り挙げたNEW ATLASによりますと、これまでNASA1960年代から宇宙飛行士候補者として訓練したのが350で、現在活動中の宇宙飛行士は48人いると伝えています。

1960年から2020までの60年で350人ですと、年に6人弱しか候補生になれないっていうことですよね。候補生から本採用されたのが何人かは書かれていませんが、とにかくこれが狭き門なのか、それとも意外と多いのか、判断は難しそう。ですが上記の条件に合致した人たちが、毎年それくらいは出てくるということでもあるワケです。

月でUFO目撃の可能性もアリ

アルテミス計画」には、男性だけでなく女性宇宙飛行士を初めて月に立たせようという計画でもあります。月に行けば、UFOの目撃といった貴重な体験ができるかもしれません。そういう意味でも、宇宙飛行士になるのは超エキサイティングですよね。

Source: NASA, USAJOBS via NEW ATLAS