23日にエディオンスタジアム広島で行われた明治安田生命J1リーグ開幕節のサンフレッチェ広島vs鹿島アントラーズは、3-0で鹿島が勝利している。

シーズンのJ1リーグを6位で終えた広島と、3位でフィニッシュした鹿島の対戦。城福浩体制3年目を迎える広島は、16日に行われたYBCルヴァンカップグループC第1節の横浜FC戦を2-0で勝利し、幸先良いスタートを切った。今節に向けては横浜FC戦と同様のメンバーを起用した。

一方、鹿島は新しくザーゴ監督を招へいし、これまでのスタイルとは真逆のポゼッションスタイルに挑戦。ただ、その船出は厳しく、AFCチャンピオンズリーグプレーオフではメルボルン・ビクトリーに、16日のYBCルヴァンカップグループA第1節では名古屋グランパスに、それぞれ0-1で敗れている。それでも今節は名古屋戦同様のメンバーピッチに送り込んだ。

最初にチャンスを作ったのはアウェイの鹿島。3分、エヴェラウドのポストプレーで右サイドを抜け出したファンアラーノがボックス右手前から強烈なシュートを放つが、右ポストに直撃する。そのこぼれ球を和泉がプッシュするも、今度は左ポストに嫌われ、先制点とはならない。

互いに前線からプレスをかけてチャンスを作らせない展開が続いたなか、ホームの広島が一瞬の隙を突いた。20分、中盤で三竿にパスが渡った瞬間、レアンドロ・ペレイラがボールを奪って、すかさずボールゴール前へ。走り込んだドウグラス・ヴィエイラが落ち着いてGKクォン・スンテの逆を突き、先制点を奪った。

さらに広島は25分、速攻から左サイドの森島が逆サイドに展開。ボックス右外まで持ち込んだドウグラス・ヴィエイラが低めのクロスを送り、長い距離を走ってきた川辺がニアサイドで相手DFとGKクォン・スンテのひきつけると、ファーサイドのレアンドロ・ペレイラがゴールに流し込んだ。

2点を追いかける鹿島は後半開始から広瀬を下げて、上田を投入して攻勢を強める。その上田は55分、右サイドからのクロスに飛び込み、頭で合わせるも枠を捉えることができない。

鹿島はその後も土居を下げて荒木、レオ・シルバを下げて名古を投入するが、広島の堅い守備に苦戦が続く。すると、広島がショートカウンターからダメ押し。85分、敵陣で東がボールを奪い、レアンドロ・ペレイラがボックス手前に持ち込んで左にラスパスを送る。最後は新10番の森島が左足でニアサイドを射抜いた。広島は危なげない戦いぶりで鹿島に3-0で勝利した。

サンフレッチェ広島 3-0 鹿島アントラーズ
【広島】
ドウグラス・ヴィエイラ(前20)
レアンドロ・ペレイラ(前25)
森島司(後39)

サムネイル画像