どの映画を観るかをタイトルで決めるとしたら、『フォードvsフェラーリ』と『コーギーvsフェラーリ』、もしくは、『パラサイト』と『パラコーギー』のどちらにするだろうか? 両方とも後者の映画は実在しないが、ポスターなら見る事ができる。


映画ファンブライアン・レイスバーグさんは、アカデミー賞に合わせて、2016年から飼っているメスのコーギーマキシンを主役にした映画のパロディスターを作成し、話題を呼んでいる。

https://www.instagram.com/p/B8Jpc5mBa-d/

上のインスタグラムの投稿では、『パラサイト』や『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』、『ジョーカー』などの最新作を題材にしているが、昨年は『ブラックパンサー』や『ボヘミアン・ラプソディー』などの映画のパロディスターを公開した。

https://www.instagram.com/p/BuEPkhQHRiK/

ボヘミアン・ラプソディー』のパロディスターは、以下のURLからご覧頂ける。
https://www.instagram.com/stories/highlights/17858741908341636/

これらのパロディスターは、どれも細部にこだわって作られているが、レイスバーグさんが米メディア『In The Know』のインタビューで語った所によると、最も手間がかかったという『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』のパロディスターは27時間かけて作成したそうだ。

また、来年はポスターではなく、何か新しい別の事に挑戦する予定だと明かしている。どのような形であれ、マキシンと映画に関係した何かである事は、ほぼ間違いないだろう。今後も注目だ。

■参照リンク
http://www.aol.com/