Fluid-Ferret_e


  どんな場所にも難なくフィットし、しなやかな動きを見せる猫が、実は個体である一方で液体だったという衝撃的事実をカラパイアでもちょくちょく伝えているが、今回はイタチ科に属する肉食動物のフェレットに、流動液体疑惑が生じている。

 アメリカカリフォルニア州にある大学の研究クリップによると、フェレットが狭い空間を移動する際に、30%ほど体が伸びていることが判明したのだ。

―あわせて読みたい―

猫の液状化が止まらない!流動液体としての証拠を残してしまった猫たちの面白画像
猫は液体でもあり固体でもある。2017年度イグノーベル賞10部門の受賞研究
プラケースは液体化を促すのに最高のツールだった。世界最高峰レベルの流動液体猫、オスカーの場合
猫の95%は液体でできています。猫の液体説を裏付ける動画
フェレットの母親がニンゲンに我が子を見せたくて。何度も何度でも手を引っ張って巣箱に引き入れる


Ferrets: Animals in Liquid Form

フェレットの流動的な動きを捉えた動画

 カリフォルニア州南部のサンバーディーノにあるCalifornia State University San Bernardino(CSUSB)のアンジェラ・ホーナー博士が研究したフェレットの動画が、アメリカのTV番組『Nature』で紹介された。

 ホーナー博士が「フェレットは、非常に柔軟性のある流動体の動物」と述べているように、実験では実に興味深いフェレットの流動性が明らかになった。

 透明の横長の容器に入れたフェレットに地面を移動させ、地下をイメージした狭い通路を繋げて、どのように体の動きが変化するのかをスローモーション映像を通して見てみると、フェレットの体がかなり伸びていることがわかる。

ferret2_e


狭い通路では体長が30%伸びる


 他の肉食動物は、通常脚の長さと体長がほぼ同じだが、フェレットは脚が体長の半分ほどの長さしかない。

 しかし、これが狭いスペースでもスムーズに移動できる理由なのだ。

ferret3_e


 そしてフェレットの柔軟性は、脊椎の作りにおおいに関係している。

 他の動物では、脊椎の各突起が脊椎そのものの過度な動きを抑制する役割を果たしている。フェレットの場合、各突起の接続部分が薄いため、これにより脊椎の動きに柔軟性が生まれる。

 そのため、地下の狭いスペースに移動したフェレットの背骨は30%伸びる

Fluid-Ferret_e


 角度によっては、このようにかなり長~く見える。

length2_e


 また実験では、フェレットが地上と地下を走るスピードに変化は全く見られないことも判明した。

 動画を見たユーザーらからは、「猫だけじゃなく、フェレットも流動液体だったのか」「私のペットフェレットも、抱っこしてあげると眠りながら溶けているよ」「流動液体なのに意外と動きは速いよね」といった声が寄せられている。

References:YouTubeなど / written by Scarlet / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52287963.html
 

こちらもオススメ!

―動物・鳥類についての記事―

仲間の犬が交通事故に。誰かが助けてくれるまで何時間も傍で見守り続けた犬(アメリカ)
初めましてでひっくり返っちゃった。子犬のジェイクさん、従弟に会って転がった
人格を与えられた女性のオランウータン、34歳の誕生日をお祝い(アメリカ)
ん?困ってる?飼い主が落とした洗濯物を拾って届けるお利口な犬
お風呂好きな犬、お湯を張っていたらちゃぷんと入り込んでいた

―知るの紹介記事―

脳腫瘍の手術中に患者がバイオリンを生演奏。イギリスでは初のケース
仲間の犬が交通事故に。誰かが助けてくれるまで何時間も傍で見守り続けた犬(アメリカ)
片頭痛の要因の1つを解明か。目からの情報を処理する視覚皮質に過剰な興奮が確認される(米研究)
巻き模様が刻まれたモノリス、2000年の時を経てその詳細が明らかに(ペルー)
所変わればトイレも変わる。アメリカの公衆トイレの個室が開放感に溢れている理由
フェレットも流動液体動物なのか?地下に入ると背骨が伸び、体が30%長くなることが判明(米研究)