俳優の織田裕二が主演する4月スタートの月9ドラマ『SUITS/スーツ2』(フジテレビ系/毎週月曜21時)に、シーズン1に引き続き、新木優子、中村アン、小手伸也、鈴木保奈美が出演することが発表された。それぞれ「幸村・上杉法律事務所」の個性的なキャラクターを演じ、織田や中島裕翔と丁々発止のやりとりを繰り広げる。

【写真】前シーズンの制作発表に集結した織田裕二、中島裕翔らレギュラーキャスト

 2018年10月放送のリーガルドラマの続編となる本作。東京・丸の内を舞台に、負け知らずの敏腕弁護士・甲斐(織田)と経歴詐称の天才青年・大輔(中島)の2人がさまざまな訴訟に向き合い問題を解決していく。原作は米国のメガヒットドラマ『SUITS』で、日本版『SUITS/スーツ2』は本国版のシーズン2を原作とする。

 新木が演じる聖澤真琴は、「幸村・上杉法律事務所」に勤務するパラリーガル(弁護士の業務をサポートする人)。職場恋愛に対しては慎重だったが、大輔の人間的な魅力に徐々にひかれていく。新木は「自分の中ですごく思い入れのある作品の一つで、『SUITS/スーツ』の現場はファミリー感やチームの一体感があって好きだったので、もう一度皆さんとご一緒できることはすごくうれしいです!」と続編制作の喜びを語る。

 中村が演じる玉井伽耶子は、「幸村・上杉法律事務所」に勤務し、十年来の甲斐(織田)の秘書で甲斐と事務所に忠誠を誓う影の立役者。中村はメンバーとの再会に「みなさんすごい自然な感じで、一緒にお昼ご飯を食べたりなど、意外とみなさんと久しぶり感がなく普通です(笑)。前室と本番がそんなに変わらない感じがすごくよくて、“あうん”の呼吸って感じがします。すごいチーム感を感じます!」と現場の雰囲気を明かしている。

 小手が演じる蟹江貢は、「幸村・上杉法律事務所」に所属するジュニアパートナー弁護士。甲斐とは若手のころからしのぎを削ってきたライバルで、ことあるごとに衝突している。甲斐と大輔のバディに嫉妬したり、足を引っ張ろうと画策する蟹江の煩わしさは今作も健在。プロデューサーから“この作品は蟹江にかかっている”とプレッシャーを与えられたという小手は「シーズン1の蟹江はコメディー感が強かったかと思いますが、今回はコメディー部分を担うだけではなく、人間としての蟹江をお楽しみいただけるように、より役に踏み込んでいきたいなと考えています」と意気込みを見せる。

 そして、鈴木が演じる幸村チカは、日本の四大法律事務所の一つ「幸村・上杉法律事務所」の代表弁護士で、傲慢な甲斐が唯一頭の上がらない存在。前作で、大輔の経歴詐称について知ってしまったチカが、今作でどのように動くのか注目だ。「だから言ったでしょ。やるって(笑)。準備は万端です。楽しみにしております!」と続編に自信を見せる鈴木は「シーズン1の魅力を欠くことなく、さらに倍増させてお届けできると思います!」とメッセージを寄せた。

 解禁されたメインビジュアルは、前作より大きくスケールアップした「幸村・上杉法律事務所」の豪華セットで撮影。織田を中心に「幸村・上杉法律事務所」で働く華やかなキャストが脇を固め、今作ならではの事務所の一体感や対立関係をこの1枚で表現している。このビジュアルには、窓外に目をやり、こちらに背を向けて映っている謎の男が。この男は一体誰なのか、続報に期待が高まる。

 『SUITS/スーツ2』は、フジテレビ系にて4月より毎週月曜21時放送。

『SUITS/スーツ2』メインビジュアル (C)フジテレビ