cover_e2


 家族が就寝中、自宅での火事にいち早く気付いた子供が機転を効かせて家族を救うという事例はこれまでにもあるが、今回アメリカジョージア州から、わずか5歳の男児が火事に気付いて8人の家族と飼い犬の命を救ったニュースが伝えられた。

 地元消防署では、男児の機転を効かせた迅速な行動を称賛し、人命救助の功績を称えて男児を名誉消防士に認定した。

―あわせて読みたい―

火災現場にふらりと現れ、取り残された老人を救いだし名も告げずそのまま立ち去って行ったリアル・ヒーロー(アメリカ)
驚きの救出劇。火災現場の3階から落下する子どもをキャッチする消防士のナイスプレー(アメリカ)
家族が就寝中に起きた突然の火事。自らの命を犠牲にして一家全員を火事から守った犬(アメリカ)
火事に気付き飼い主を起こして避難させたお手柄犬。賢明で迅速な犬の行動がまたしても人の命を救う(アメリカ)
家の火事を知らせるためパトカーを導くジャーマン・シェパードの姿が再びネット上で話題に(アメリカ)

男児の寝室から夜中に火災が発生

 ジョージア州バートウ郡キングストンに家族9人が暮らす家で、火災が発生したのは、2月9日の真夜中だった。

 自宅寝室で眠っていたノア・ウッズ君(5歳)が煙に気付いて目を覚ました時には、既に炎が部屋高く上がっていたという。

 しかし、ノア君はパニックにならなかった。一緒の部屋で眠っていた妹リリーちゃん(2歳)を抱きかかえると、唯一の出口となった寝室の窓から素早く脱出。

 そして再び家の中に戻り、飼い犬を救出すると、今度は隣の家に住むおじのドアを叩き、助けを求めた。

一家8人と飼い犬がノア君に命を救われる

 それぞれの部屋で眠っていた家族7人は、ノア君とおじにより事態を知らされ、慌てて燃える家から脱出した。

 幸いにして、犬1匹とノア君を含む家族9人の命は救われた。しかしノア君と家族4人は軽いやけどを負っており、煙を吸引していたこともあって病院で手当てを受けたという。

 ノア君の祖父デイヴィッドさんは、「ノアがいなければ私たちは今ここにはいません。ノアに家族全員が命を救われました。」と涙ながらにメディアの取材に応えた。

出火原因はコンセントのタコ足配線

 消火活動に駆け付けたバートウ郡消防署により、出火原因はノア君の部屋のコンセントのタコ足配線だったことが判明した。

 現場の状況を知った同消防署長は、家族全員の命をたった5歳の子供が救ったことに深く感心し、11日にFacebookでこのように綴った。

過去にも、子供が家族に火事を知らせるという事例はありましたが、わずか5歳の子がここまで機転を効かせてできるとは驚いたし、感心しました。ノア君は、まさにヒーローです。

ノア君、名誉消防士に認定される

 14日、ノア君はバートウ郡消防署から人命救助の功績を称えて表彰され、名誉消防士に認定された。

 通常、名誉消防士は消防士や救命救急士らが対象となるため、今回は異例の措置ということになるそうだ。

 また、表彰式ではジョージア州のケンプ知事からのノア君への功績を称えた手紙も読み上げられた。

 家を焼失してしまったノア君だが、大切な家族と愛犬はひとりも欠けることはなかった。ノア君の家を再建するために、クラウドファンディングサイトGoFundMe』が立ち上げられたが、そう遠くない未来、家も戻ってくることだろう。

References:sunnyskyz.comなど / written by Scarlet / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52288147.html
 

こちらもオススメ!

―人類についての記事―

実年齢は59歳だが体は23歳。DNA研究で明らかとなった、老化が遅いスーパーエイジャーの存在(米研究)
視覚・聴覚・文字・運動。人にはそれぞれに適した4つの学習法が存在する
大人になっても反社会的行動が止められない人は、脳の構造に違いがある可能性(英研究)
なぜ、人は呪いを信じるのか?
20年間目が見えなかった男性が、交通事故後に視力を取り戻すという奇跡(ポーランド)

―知るの紹介記事―

地球はどうやってできたのか?太陽系最遠の小惑星アロコスが教えてくれること(米研究)
フェレットも流動液体動物なのか?地下に入ると背骨が伸び、体が30%長くなることが判明(米研究)
脳腫瘍の手術中に患者がバイオリンを生演奏。イギリスでは初のケース
仲間の犬が交通事故に。誰かが助けてくれるまで何時間も傍で見守り続けた犬(アメリカ)
片頭痛の要因の1つを解明か。目からの情報を処理する視覚皮質に過剰な興奮が確認される(米研究)
5歳の男の子、火事が起こった自宅から家族と飼い犬を救い出す(アメリカ)