brain-951874_640_e


 アメリカ合衆国税関・国境警備局(United States Customs and Border Protection:CBP)は、国土安全保障省が所管する最大規模の政府機関だ。

 テロ対策や人身売買、麻薬密輸の取締りの他、農業害虫の侵入防止など、違法または危険な活動から国内の安全を保障することを任務とする役目を担っており、大規模な人員が空港、港湾、国境検問所、国境周辺などに配置されている。

 今回、そのCBP職員により、カナダから来た郵送トラック内から「人間の脳」が押収された。

―あわせて読みたい―

世界中から7000個以上の脳みそが集まる「ハーバード大学脳バンク」の脳みそ保管方法
人々が密輸しようと、空港で押収された10の怪しい生モノファイル
世界で最も奇妙な密輸アイテムと密輸方法(閲覧注意)
数奇な運命をたどった9人の著名人の遺体の一部
あらやだバレちっち。空港で押収された奇妙なモノ(アメリカ運輸保安局)

オンタリオ州とミシガン州を結ぶ検問所で「人間の脳」押収

 2月14日カナダのオンタリオ州とアメリカミシガン州を結ぶブルーウォーターブリッジの検問所で、カナダトロントから来たトラックを検査していたCBP職員が、透明なガラスの瓶に入った「人間の脳」を発見した。

Brain_e


 その瓶は、「骨品標本」というラベルのついた荷物の中にあったという。

 トロントから出荷されたこの荷物は、アメリカのウィスコンシン州ケノーシャに配達される予定になっていたようだ。

合衆国への合法的な入国を申請する書類などは入っておらず

 CBPが発表した声明文によると、人間の脳が入った荷物の中には、合衆国への合法的な入国のための必要書類や申請用紙などは一切入っていなかったそうだ。

 CBPポートディレクターは、声明文の中で次のように述べている。

米国国立公衆衛生研究所である疾病病管理予防センターCenters for Disease Control and Prevention 以下CDC)は、“このような”荷物の輸入許可に関しては厳しい規制があることを覚えておく必要があります。

 脳が入った瓶はひとまずCBPにより押収されたが、現在CBPの専門チームがCDCと連絡を取っており、「検体の最終処分のための感染性生物学的因子、感染性物質およびベクター(感染症における媒介者)」に関連する規則について説明し、この脳をどうするか検討中である旨を伝えたことを明かした。

過去に押収された“奇妙なモノ”

 アメリカの国境局が発見・押収した奇妙なモノは、今回が初めてではない。

 2014年には、ロサンゼルス国際空港の国境警備員が、ナイジェリアからカリフォルニアへ搬送予定の67匹の巨大カタツムリを押収した。

 アメリカでは、有害な寄生虫の原因になるとして軟体動物の輸入は禁止されており、これらのカタツムリは全て焼却されたということだ。

 また、2006年には恐竜の卵を含む8トンもの先史時代の化石が押収された。

 CBS職員がアリゾナでの化石ショーを執り行っていた現場を押さえた後、これら化石はアルゼンチンから密輸された疑いがあることが発覚したという。

References:US Customs and Border Protectionなど / written by Scarlet / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52288167.html
 

こちらもオススメ!

―人類についての記事―

「気楽にいこう」がモットーの国民性。ギリシャとギリシャ人に関する12のこと
5歳の男の子、火事が起こった自宅から家族と飼い犬を救い出す(アメリカ)
実年齢は59歳だが体は23歳。DNA研究で明らかとなった、老化が遅いスーパーエイジャーの存在(米研究)
視覚・聴覚・文字・運動。人にはそれぞれに適した4つの学習法が存在する
大人になっても反社会的行動が止められない人は、脳の構造に違いがある可能性(英研究)

―知るの紹介記事―

2020年1月は過去141年間で最も暑い1月だったことが判明 
「気楽にいこう」がモットーの国民性。ギリシャとギリシャ人に関する12のこと
5歳の男の子、火事が起こった自宅から家族と飼い犬を救い出す(アメリカ)
地球はどうやってできたのか?太陽系最遠の小惑星アロコスが教えてくれること(米研究)
フェレットも流動液体動物なのか?地下に入ると背骨が伸び、体が30%長くなることが判明(米研究)
アメリカとカナダの国境で「人間の脳」が押収される