花粉症シーズンが早くも到来。くしゃみや鼻水が止まらない、目がかゆい、鼻づまりで息がしづらい…などの症状で、仕事の効率が下がって困っている人も多いことだろう。

 では実際に、花粉症の症状に苦しんでいる人が多い都道府県、少ない都道府県はどこだろうか。

 一般社団法人ストレスオフ・アライアンスは、全国の男女14万人(男女各7万人、20~69歳)を対象に、大規模インターネット調査『ココロの体力測定2019』を実施。その中で、「花粉症」に関する詳細な調査を行っている。

 今回は、調査から明らかになった「花粉症の人が多い都道府県ランキング」を紹介していこう。

※集計期間は2019年3月6日~18日。調査機関は株式会社メディプラス研究所。サンプル数は男女各7万人で、各県1000サンプル以上を確保し、その後人口比率(都道府県、年代、有職割合)でウエイト修正した。また今回、花粉症の症状は、症状の重度に関係なく、何かしらの症状がある人を「花粉症の症状あり」として、その割合を各都道府県の「花粉症率」としてランキングを作成した。

「花粉症の人が多い都道府県」ランキング
1位は男性が岐阜県、女性が群馬県

花粉症の人が多い都道府県ランキング【男性版】」1位は岐阜県になった。2位は群馬県、3位は山梨県だった。

 一方、「花粉症の人が多い都道府県ランキング【女性版】」1位は群馬県となった。2位は静岡県、3位には岐阜県が続いた。

最も多いのは花粉症歴20年以上

最も多いのは花粉症歴20年以上
若い世代ほど患者が多い傾向に

 今回の結果から、花粉症の人が多い地域は海なし県が多く、そのほかでは関東、中部地方が多い結果となった。一方で、北海道や北東北、沖縄・南九州では花粉症の人が少なく、地域性が色濃く表れた。

 今回の調査では花粉症の症状がある人の「花粉症歴」も調べており、「ほとんどない」人が男女ともに約55%いる一方で、なんと症状がある人の中では「20年以上」という人が最も多く、男性では14.8%、女性では15.3%に上っている。長期的に花粉症に苦しんでいる人が多いようだ。

 また世代別に見てみると、「花粉症の症状がある人」は男女ともに世代が若くなればなるほど、多くなる傾向があることがわかった。

 さらに、花粉症の症状の「あり」「なし」とストレスレベルを見てみると、やはり花粉症の症状のある人の方が、ストレスを抱えているケースが多かった。

 花粉症の人が多い都道府県の人は、肌の乾燥に悩みを抱えている割合が多く、居住地域への満足度も低いという傾向が見られている。花粉症の症状があることや薬の副作用などによって、仕事のパフォーマンスが低下した経験がある人もいるはず。住んでいる地域によって花粉症の影響が異なる部分は大きいが、適切な対策によって少しでもストレスを軽減させることが大切だろう。

(本記事は一般社団法人ストレスオフ・アライアンスからの提供データを基に制作しています)

割合(%)は、小数点第2位以下を省略