代表デビューしていない実力者を紹介 ウルブスで好調のトラオレもキャップ数はゼロ

 サッカー界ではビッグクラブレギュラーを張るだけの実力を備えながら、代表チームとは縁のない選手も数多く存在している。英メディアSportskeeda」は「世界最高のアンキャップフットボール選手5人」と題し、代表未経験選手を対象にしたランキングトップ5を公開している。

 第5位はフランスの強豪リヨン生え抜きMFフセム・アワールだ。U-21フランス代表までは招集を受けているが、A代表への待望論も挙がっている逸材だ。リヨンではすでに公式戦に140試合近く出場しており、21歳にして現在のチーム内で最も市場価値の高い選手の1人に数えられている。中盤にタレントが揃うだけにフランス代表入りの壁は高いが、今後の活躍が期待されている。

 第4位はバルセロナの下部組織出身で、現在プレミアリーグのウォルバーハンプトンでブレイクしているFWアダマ・トラオレ。強靭な肉体を誇る24歳は、U-16からU-21カテゴリーまでスペイン代表として活躍してきた。両親がマリ人のため、一時はマリ代表入りが噂されたが、昨年11月に欧州選手権予選に向けたスペイン代表に初招集を受けた。その後に負傷離脱したため、キャップ数は「0」のままだが、代表デビューの日は近そうだ。

 3位はマンチェスター・ユナイテッドの右サイドバックDFアーロン・ワン=ビサカが名を連ねた。昨夏にクリスタル・パレスから引き抜いた逸材で、加入初年度からレギュラーに定着している。昨年8月にギャレス・サウスゲイト監督率いるイングランド代表に招集を受けるも、背中の負傷により離脱を余儀なくされたため、デビュー先送りとなっている。マンチェスター・シティのDFカイルウォーカーリバプールトレントアレクサンダー=アーノルドなどが揃う激戦区の右サイドバック争いに食い込むことができるのか注目だ。

1位は「世界最高の左CB」 昨年待望の代表招集も長期離脱でお預け

 2位はアストン・ビラのMFジャックグリーリッシュ。数年前からビッグクラブ移籍の噂が再三取り沙汰される24歳のテクニシャンだ。アストン・ビラが長く2部にいた影響で、同世代に比べればプレミアリーグでの活躍の印象は薄いが、昨年は2部リーグの年間ベストイレブンにも選出された。

 U-21世代まではアイルランド代表でプレーしたが、その後にイングランド代表入りを決断し、2016年には当時サウスゲイト監督が率いていたU-21イングランド代表デビューを飾った。同指揮官が率いるスリーライオンズイングランドA代表の愛称)入りの瞬間が待ち望まれている。

 そして、堂々の1位はマンチェスター・シティのDFアイメリク・ラポルテだ。貴重なレフティーのセンターバックは、ジョゼップ・グアルディオラ監督から「世界最高の左センターバック」と絶賛されている。

 ラポルテフランス国籍ながら、スペインのアスレティック・ビルバオの下部組織で育ち、そのままプロデビューを飾った変わり種。U-21世代まではフランス代表としてプレーするも、A代表には縁遠く、一時はスペイン代表入りも噂されていた。昨年8月には待望のフランス代表招集を受けるも、その直後に右膝の負傷で長期離脱したため、デビューはお預けとなっていた。世界で最も評価されるセンターバックながら、“A代表キャップ0”という意外な経歴となっている。(Football ZONE web編集部)

(左から)グリーリッシュ、アワール、ラポルテ、ワン=ビサカ、トラオレ【写真:Getty Images】