韓国ではぜんざいが大人気。といいますか、韓国には日本とは違った独自の伝統的なぜんざいが昔かあって、老若男女に愛されています。レストランや食堂でも食べることはできますが、屋台でも販売されています。

韓国のぜんざいと日本のぜんざいとでは、大きく違う部分がひとつあります。どちらも甘いのですが、甘さの質が大きく異なるのです。韓国のぜんざいは、甘さが非常にマイルドで、いつまでも尾を引く感じと言いましょうか。お店によってもテイストが違うので、実際に食べてみて確かめてください。




韓国のぜんざいを販売している屋台は、かき氷やそのほかのスイーツも一緒に販売しているケースが多いです。屋台で働いている店員さんは大半がおばちゃんで、なんだか「おふくろの味」をイメージさせます。

ソウルや釜山などの都市部では当たり前のように屋台で売られているので、見つけられないということはないでしょう。オヤツや食後のデザートとして試しに食べてみてはいかがでしょうか? 看板やメニュー日本語で書かれている事もありますよ。



もっと詳しく読む: 韓国の韓国式ぜんざいが韓国人だけじゃなく日本人にも大人気(Photrip フォトリップ) https://photrip-guide.com/2020/02/20/kankoku-zenzai-umai/