今年は「うつむきくん」が流行るかも。Kis-My-Ft2玉森裕太ドラマグランメゾン東京」で共演した及川光博につけられたニックネームがこの「うつむきくん」だというのだが、このワードがさまざまなタイミングで出てくるたびに、キスマイファンが盛り上がっている。

このドラマで平古祥平という天才若手シェフでありながら、陰のある役を演じた玉森。この祥平の役柄をイメージしつつ、及川が玉森のことを「うつむきくん」と命名したという。

ある芸能関係者は「キスマイの出演したラジオでは、玉森がこんな話を明かしてました。及川が『うつむきくんを外に出す会』と称して、普段から引きこもりがちで外食もしない玉森を月に1回、グランメゾン東京に出演したメンバーとともに外で食事をする会を開いていた、と。玉森はこういうことをしてくれる先輩に恩義を感じつつも、何を話していいか分からないといった感じで、メンバーを笑わせていました」と語る。

玉森の本来の人となりがイメージされているニックネームという点もファンにとっては面白いのかもしれない。

さらに、この「うつむきくん」というワードドラマが終わった現在でもファンの間では盛り上がっているという。

同関係者は「ドラマTBSですが、テレビ朝日の『帰れマンデー見っけ隊!!』にゲスト出演した玉森に、MCのサンドウィッチマンが、この『うつむきくん』ネタでいじったんです。そのときに、ファンは『流行語大賞レベル!』などと大盛り上がりでした」と言う。

ドラマは続編もあるのではといわれているが、ドラマの話題が続けば、ファンの望むような「流行語大賞」というのも無理な話ではないのかもしれない。(二浦誠)

*画像イメージ