トンデモなブラック企業エピソード

平気で手のひら返しをするブラック企業に面食らった人は少なくないはずだ。事前に言ったこととは反対のことをするというのは、もはやブラック企業あるあるだろう。キャリコネニュース読者からは、

「入社時に『ウチはフレックスだから』と丁寧に説明されたが、勤務してみたら定時以降に毎日参加必須のMTGが入っている」(30代男性、営業)

といった声が寄せられている。医療・介護職の30代女性も「契約と労働時間があまりにも違いすぎる」と明かす1人だ。(文:鹿賀大資)

壁には「お前が生きている今日は誰かが生きられなかった明日なんだ」の張り紙

契約書には「休憩1時間」と記載されてあったが、実際は一切取れずにいた。食事はおにぎりを片手に15分ほどで済ませ、次の往診に行かなくてはならない。休日だろうと夜遅くだろうと関係なく電話が入ってくるという。

うつ病になり、2人が退職に追いやられた。適応障害で退職に追いやられた人もいた。そのほか1日で退職した人なども含めると、開院して1年ちょっとで11人が去っている。怒鳴られることも普通にあり、脅迫のように退職に追いやられた人は多数」

40代男性は、以前、製造業に従事していた際の"格差いじめ"に悩まされた。大手企業の請負契約ながら勤続年数は約10年。正社員に仕事を教えるほどだったという。ところが、

「上層部は私が正社員でもないのに教えたりしているのが面白くなかったようで、とんでもない仕事量を毎日押し付けられました。これ以上は手が回らないから無理だと伝えると、『業務命令だからできなければクビだ』と言われ、毎日8時~翌5時くらいまで仕事をしていました。もちろん土日もなしです」

上層部の仕打ちはそれだけにとどまらず、深夜0時以降の残業代はカットされ、休日出勤も無給扱いにされた。男性が抗議すると二言目には「クビだ」と言われ、挙げ句の果てには「正社員じゃない奴に、まともに給料なんか払わない」と言われる始末だった。

「何とか家族のために我慢し続けたが、最後は自分が鬱になり会社を辞めました」

管理・事務職の40代男性はタイムカードがない元勤務先について綴る。その会社では財務経理として採用された。ところが実際は、一般事務の業務をさせられた。さらに

「平均退社時間は23時前後。壁には『お前が生きている今日は誰かが生きられなかった明日なんだ』の張り紙。社長はボンボン。親が金持ちで、実質的な生前贈与のために設立されたクソ会社」

だという。男性は2週間で退職した。

「仕事のできない管理者が率先して、新人や若い子をいじめている」

サービス・販売職の30代女性が前職を辞める原因となったのは、会社から突然「今月から10万円以上の減給」と言われたことだった。納得のいかない女性は話し合いを求めたが聞き入れてもらえず、結局のところ自主退職の形で職場を去ることに。

「10年以上働いた会社でしたが、その間、有休などは1日ももらえず……。最後にこのような形でポイ捨てされました」

医療・介護職の30代女性は、現在の職場について「まともな神経があれば一年と持たない」という。それもそのはず。離職率70%という職場だ。

「仕事のできない管理者が率先して、新人や若い子をいじめている。だから辞めるときは突然こなくなるという最悪のパターンおまけにその管理者は経営陣と"できてる"みたいでした」

その経営陣は管理者に「できない仕事は他のスタッフに振りなさい」と指示しているという。

※キャリコネニュースでは引き続き「ブラック企業経験談」「ウチの会社のホワイト自慢」に関するアンケートを募集しています。