eディスカバリ、フォレンジック、VDR、及びリーガルインフラLaaSでLegalSearch.jp、Tokkyo.Ai、Keiyaku.Aiを提供しているリーガルテック株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 佐々木 隆仁)は、社内不正を未然に防止する「AOS Forensics ルーム AuditTech 独占禁止法違反調査」の提供を開始しました。

AOS Forensics ルーム」独占禁止法違反 調査事例
https://www.fss.jp/case-antitrust-violation/

AOS Forensics ルーム AuditTech と独占禁止法違反

GAFA規制など世界中で独占禁止法違反への監視の目が厳しくなっています。日本でも公正取引委員会が様々な企業に独占禁止法の違反による排除措置命令や課徴金納付命令などを出し、目を光らせています。このような状況になると、企業は信用失墜など、社会的に大きなダメージを受けることになり、何らかの対策が必要となります。
談合や不公正な取引、受注調整などは取引先とメールチャットでやり取りされることが多く、これらのデジタルデータを調査する有効な手段としてデジタルフォレンジックが注目されています。社内にインハウスのフォレンジック調査室を設置すれば、メールから問題のあるやり取りを検出したり、消されてしまった証拠データを復元して調査をすることができ、問題の発生を早期に検出することができるようになります。「AOS Forensicsルーム」は、企業内において、不正調査を行うことを目的として、企業内に設置されるフォレンジック調査官が作業を行うための専用ルームです。

■独占禁止法の違反行為による排除措置命令
 独占禁止法は、自由経済社会において企業が守らなければいけないルールを定め、公正かつ自由な競争を
 妨げる行為を規制しています。具体的には、私的独占の禁止、不当な取引制限(カルテル、入札談合等)の
 禁止、事業団体の規制、企業結合の規制、独占的状態の規制、不公正な取引方法の禁止などがあります。
 実際に公正取引委員会が排除措置命令を行なったのは、2016年度が11件、2017年度が13件、2018年度が
 8件となります。
排除措置命令件数等の推移(公正取引委員会) (httpswww.jftc.go.jphoudoupressrelease2019jun190605.html)を加工して作成

AOS Forensics ルームの活用メリット
 企業が独占禁止法違反対策として、AOS Forensics ルームを活用する効果として、予防法務としての
 メリット、早期発見のメリット、事後対策としてのメリットの3つが期待できます。
・ 予防法務:
  独占禁止法の違反に対する、AOS Forensics ルーム導入のメリットは、会社が定期的にメールなどの
 デジタルデータ監査を行なっていることを社内に告知することにより、問題のある取引の発生を防止する
 抑止効果です。
・ 早期発見:
  談合や不公正な取引などの兆候が検出された場合に、専用のフォレンジック調査室があり、不正調査を
 社内で行えることには、大きなメリットがあります。不正の証拠を早期に検出できれば、課徴金減免制度の
 申請を行い、ダメージを最低限に抑えることができます。
・ 事後対策:
 独占禁止法の違反が判明した場合には、企業は、迅速な対応が求められます。社内にフォレンジック
 調査室を備えておけば、問題を起こした社員を特定、処分を決定し、再発防止策を早期に策定することが
 できます。
 また、調査費用を抑えられるというメリットもあります。

■ 企業内フォレンジック調査のプロセス

 「AOS Forensics ルーム」は、フォレンジック調査ソフトハードウェアをコンポーネントで構成された
 システムとして提供し、調査室の設置、システムの使い方、フォレンジック調査の方法、調査官の教育及び
 研修、調査支援などを行い企業内・フォレンジック調査室の構築を支援します。

AOS Forensics ルーム」独占禁止法違反 調査事例
https://www.fss.jp/case-antitrust-violation/

AOS Forensics ルームのデモルームもご用意しております
 リーガルテック株式会社本社にて「AOS Forensics ルーム」実演モデルルームを設置しております。企業が
 自力で不正調査を行うためのソリューションとして、リーガルテック社の20年以上のフォレンジック調査の
 ノウハウを結集して、実際のフォレンジクルームの設置からツールの導入、フォレンジック調査のレクチャ
 までを全てワンストップでご提供します。
 モデルルームでは、実際のツールを使用したり、デモをご覧になって、企業内フォレンジックを体験すること
 ができます。

 企業内フォレンジック「AOS Forensics ルーム」 実演モデルルームについて
 https://www.fss.jp/forensic-room/demo/


リーガルテック株式会社について】
名 称:リーガルテック株式会社 代表者:佐々木 隆仁
設 立:2012年6月 
所在地:東京都港区虎ノ門5-13-1 虎ノ門40MTビル4F
資本金:5,100万円 
URLhttps://www.aos.com/
1995年創業のリーガルテックの老舗。AOSテクノロジー株式会社100%子会社として2012年に設立。以来、eディスカバリ、フォレンジック、VDR、及びリーガルインフラLaaSでLegalSearch.jp、Tokkyo.Ai、Keiyaku.Aiを提供している。2015年には犯罪捜査や企業の不正検証の技術で国民生活の向上に著しく貢献するとして第10回ニッポン新事業創出大賞で「経済産業大臣賞」を受賞。

配信元企業:リーガルテック株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ