2019 年は、即位の礼や大嘗祭といった皇位継承の儀式が続々と行われ、皇室に注目が集まる年でした。皇室の女性たちの清楚で上品なメイクファッション、佇まいには、普段から憧れている人が多いのではないでしょうか。

卒業&入園ママ必見!美容室に行ったような仕上がりに見える「セルフヘアメイク」のコツ

女性皇族のご婚礼や成年の日のお支度を多数手がけてきたのが、ホテルオークラ東京にある「与儀美容室」です。

今回は、同美容室3代目で、『与儀美容室がお客さまから学んだ「美しい生き方」』 の著者でもある与儀育子さんに、上品さの決め手となるメイク術やヘアケアについて教えていただきました。

その人本来の美しさを引き出す…与儀流プリンセスメイクとは

「私たちが仕事をする上で最も大切にしているのが、その人本来の美しさを引き出すことです。女性皇族の方々、いわばプリンセスたちのメイクを担当するときには、何年か経って見返しても美しいと思える上品でオーソドックスな仕上がりを心がけています」と話す与儀さん。

与儀美容室には、カットシャンプーなどのサロンメニュー以外にメイクレッスンのメニューもあるのですが、与儀流のプリンセスメイクを習いたくて足を運ぶ女性も多いのだとか。

正統派プリンセスメイクは、きちんとした装いや大人の振る舞いを求められるママ世代にもぴったり。与儀さんによると、一般女性が自分で実践するときには、次の3つのポイントを意識するといいそうです。

1.美点を強調する

まず押さえておきたいのが、基本的なセオリーです。

与儀さん(以下、与儀)「メイクの基本は、その人の美点を強調することです。それぞれのお顔立ちや全体のバランスにもよりますので一概には言えないのですが…たとえば、きれいな二重まぶたの方なら、アイラインは太くせず、ブラウンアイシャドウで自然な立体感を出したり。

すっきりした切れ長の目の方なら、シーンに応じて、まぶたにその方の肌によくなじむ色のアイシャドウを乗せた上で、アイラインの目尻部分をほんの少し伸ばして凛とした印象に仕上げることもあります」

私たちが自分でメイクする場合、プロである与儀さんのように仕上げるのは難しいですが、「美点を強調する」というセオリーを意識するだけでも、より自然で品のある仕上がりになるはず。自分の顔の美点はどこなのか、改めて見直したいですね。

2.流行を取り入れすぎない

2つ目は、入園・入学式などで記念写真を撮る機会が多いママ世代には要注意のポイント

与儀「流行のメイク方法やアイテムを取り入れるのは楽しいことですが、上品に仕上げたいときは、過度にならないようにしましょう。与儀美容室では、特に、特別な記念日で、写真や映像に残るような場合には、どの時代に見ても美しく感じられるようなメイクに仕上げる必要があると考えています」

たしかに、トレンド感満載のメイクで写真に写ったら、将来、写真を見た子どもや孫に衝撃を与えてしまう可能性も…。手持ちのコスメがトレンドアイテムばかりだとつい使ってしまうので、流行に左右されない上質アイテムを増やしていくといいかもしれません。

3.出向く場所・時間に合わせる

3つ目のポイントは、ママたちが見落としがちなTPOヘの配慮。場所や時間によって服装は変えていても、メイクまで使い分けている人は少ないのではないでしょうか。

与儀「メイクをするときは、ご自身に似合うどうか、美しく見えるかどうかだけでなく、出向く場所、時間帯に合うかどうかを考えることも大切です。

たとえば私たちが皇室の方のメイクを担当する場合、日中のイベントでは、はつらつとした表情に見えるよう、チークやリップをナチュラルな色味にします。宮中晩餐会のような夕方以降のイベントではイブニングドレスをお召しになるので、少し色味を強くして、より華やかに見えるようにしています」

日中か夕方か、ママ友とのカジュアルな集まりなのか、学校行事などのかしこまった場なのか。それぞれの場にどんなメイクが合うか考えて変化をつけることで、より洗練されたイメージになれそうです。

髪の美しさは○○の状態で決まる

ヘアケアの基本は頭皮ケア。洗う時間の倍の時間で“すすぎ”を

30代、40代のママたちは、白髪、抜け毛、ぱさつきなど、髪の悩みが増える年頃。年齢を重ねるなかで、どんなケアをしていけばいいのでしょう。与儀さんからは、こんなアドバイスが。

与儀「髪の美しさを左右するのは、頭皮の状態です。頭皮を健やかに保つことで初めて、ボリュームが豊かでツヤとハリのある美しい髪が保たれます。実は与儀美容室で一番人気のメニューは、カットカラーではなくシャンプーセットなんです。

どなたにでもすぐに実践できる頭皮ケアの一つが、洗った時間の倍の時間をかけてすすぐこと。一般的なシャンプー方法では、すすぎが足りていないことが多く、地肌に汚れやシャンプー剤が残りがちなんです。シャンプー剤が残ると酸化して脂になり、毛穴詰まりの原因になります。

シャンプー前には必ずブラッシングすることもポイントです。ブラッシングには、血流をよくするほか、毛流れを整えて汚れを落としやすくし、余計な摩擦を防いでダメージを軽減する効果があります」

ちなみに、与儀美容室のシャンプーセットは二度洗いが基本で、シャンプーだけで20分、セットも入れると約1時間。マッサージで血流をよくしながらじっくりと汚れを落とし、シャンプー剤を残さないよう、強い水圧で隅々まで洗い流すそうです。

シニアになったらグレーヘアがおすすめ

与儀美容室では、シニア世代の女性には白髪染めのヘアカラーをやめてグレーヘア(白髪を活かしたヘアスタイル)にするよう提案することもあるといいます。その理由も、与儀さんがこだわる「髪と頭皮の健康」と関係しています。

与儀「白髪を染め続けると、3週間に1度くらいの頻度でヘアカラーをすることになります。美容室の売り上げを考えればありがたいのですが、どう工夫してもお客さまの頭皮には負担になってしまいます。

そこで、負担を減らして、できるだけ長く美しい髪を保っていただきたいという思いから、ある程度お年を召した方にはグレーヘアをおすすめしています。美しいグレーヘアは上品ですし、顔色も明るく見せてくれますよ」

近年、注目を集めているグレーヘア。センスのいい服やアクセサリーで装ったグレーヘアの女性には、内面からにじみ出すような気品があります。ママ世代にはもう少し先の話ですが、グレーヘアが似合う上品で素敵な女性になれたらいいですよね。

今回は外見の美しさについてお話を伺いましたが、与儀さんの著書『与儀美容室がお客さまから学んだ「美しい生き方」』には、内面の美しさを養うヒントも。

そのほか、与儀美容室がロイヤルウェディングのお支度を担当した際の秘話や、美容界の黎明期に美容室を立ち上げ、軌道に乗せた初代(与儀さんの祖母)の奮闘ぶりも綴られていて、伝記としても読み応えがあります。

巷にはさまざまな美容情報があふれていて取捨選択に迷うことも多々ありますが、与儀美容室の美の理念は実にシンプル。大人の女性として改めて美容に向き合いたい人は、一度同書を手に取ってみてはいかがでしょうか。

【取材協力】与儀育子(与儀美容室)

1949年創業、ホテルオークラ東京内にある「与儀美容室」の3代目。初代である祖母の八重子氏、母のみどり氏から受け継いだ丁寧な仕事ぶりから、皇室の女性たちをはじめ、ノーベル賞受賞者、経済界の著名人などが通う一流美容室として知られる。
著書に、『与儀美容室がお客さまから学んだ「美しい生き方」』がある。