法律の読み方の基礎と契約実務


と題して弁護士法人 大江橋法律事務所(東京事務所) 弁護士 山本 翔 氏より、民法(債権関係)や相続法、民事執行法の改正など、企業実務や市民生活に影響を与える重要な法改正が相次いでおり、直接、改正法を読み、条文の内容を理解する上で重要な「法制執務」と呼ばれるルールについて解説し、正確な法律用語の知識を身に着けたうえで、疑義のない正確な契約書を作成する方法を解説するセミナーを2020年4月27日(月)にSSKセミナールームにて開催!!
<セミナー詳細>
http://www.ssk21.co.jp/seminar/S_20149.html

■開催日時2020年4月27日(月) 午後2時30分~5時
■会場 SSKセミナールーム
東京都港区西新橋2-6-2 ザイマックス西新橋ビル4F

[重点講義内容]
近時、民法(債権関係)や相続法、民事執行法の改正など、企業実務や市民生活に影響を与える重要な法改正が相次いでおり、直接、改正法を読み、条文の内容を学習しなければならない機会も増えてきているかと思います。もっとも、法律は、これまで内閣法制局を中心に積み上げられてきた一定のルールに基づいて制定されており、この「法制執務」と呼ばれるルールは、条文を正確に理解する上で重要なはずですが、学習する機会が乏しいのが現状です。正確な法律用語の知識を身に着けることは、条文の内容を正確に理解することへの手助けとなります。
また、これに留まらず、条文の構造や法律用語の知識を応用することによって、疑義のない正確な契約書を作成することができるようにもなります。契約書の作成に関するセミナーはこれまで多く開催されてきたと思いますが、このセミナーでは、主に契約実務に携わる方を対象として、法律の読み方という観点に着目し、これを契約書の作成に生かす方法を解説したいと思います。

1.法律の体系

2.前提として知っておくべき条文構造

3.法律用語の基礎
 (1)推定する/みなす
 (2)及び/並びに、 又は/若しくは
 (3)「、」の使い方、 その他/その他の
 (4)場合/とき/時、 者/物/もの
 (5)遅滞なく/直ちに/速やかに
 (6)することができない/してはならない
 (7)前項に規定する場合において/前項の場合において
 (8)ただし/この場合において
 (9)例による/例とする・・・

4.契約書の意義と機能
 (1)契約書の意義
 (2)強行規定と任意規定の区別
 (3)典型契約との関係

5.契約書の作成にあたっての留意点
 (1)契約書の構成
 (2)契約書の作成技法
  ・最低限覚えてもらいたい3つの留意点
 (3)例1.:売買契約書
 (4)例2.:業務委託契約書

6.質疑応答/名刺交換

【お問い合わせ先】
新社会システム総合研究所
東京都港区西新橋2-6-2 ザイマックス西新橋ビル4F
Email: info@SSK21.co.jp
TEL: 03-5532-8850
FAX: 03-5532-8851
URL: http://www.ssk21.co.jp

【新社会システム総合研究所(SSK)について】
新社会システム総合研究所(SSK)は、1996年12月6日に設立、創業以来20年以上 法人向けビジネスセミナーを年間約500回企画開催する情報提供サービスを主な事業としております。
SSKセミナーは、多様化するビジネス環境下で、ハイレベルな経営戦略情報、マーケティング情報、
テクノロジー情報等をスピーディーに提供し、事業機会の創出に貢献することを目的としております。
また、セミナー事業を軸に多様なビジネスを展開しており、
セミナー企画運営代行サービス・講師派遣、BtoB広告・受託調査・市場調査レポート販売・セミナーDVD販売等
お客様の事業の成功・拡大に必要な情報、サービスを提供しております。
SSKは常に最先端の情報を発信し、お客様の戦略パートナーであり続けます。

配信元企業:株式会社 新社会システム総合研究所

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ