[記事提供:ホワイトホワイトビューティー(https://whitebeauty.tokyo/)]

 「あれ?なんだか銀歯が痛むかも」そんな経験はありませんか?

治療をした銀歯が痛む場合、いくつかの原因が考えられます。

今回は、銀歯が痛む場合に考えられる原因と意外な銀歯のリスクについてご紹介します。

銀歯の基本的な治療とは


むし歯治療を保険の範囲内で行う際、ある程度の大きさのむし歯を除去すると最終的に銀歯を装着します。

同じく保険治療で頻繁に用いられるコンポジットレジンというプラスチックに比べて、金属には強度があり、小さいものから大きいものまでどのようなむし歯にも対応できるため、現在でも主流の治療方法となっています。

治療を行った銀歯が痛む場合、治療後すぐに痛みが出る場合と治療をしてから一定の時間が経過した場合とで考えられる原因が異なってきます。

・今すぐ読みたい→
脱・老け顔のために!口もとまわりのたるみ・しわの原因と解消法って?(https://cocokara-next.com/lifestyle/causes-of-slack-and-wrinkles-around-the-mouth/)

治療して間もない銀歯が痛む場合の原因

まずは銀歯の治療をして間もない銀歯の場合からみていきましょう。

治療直後のお痛みやしみる感覚は、治療後の一過性の刺激としてしばしば見られる症状です。

過敏になった神経が落ち着くのには、1週間程度様子を見ていただく必要があります。

神経が過敏になっている
麻酔の注射を打ったり、歯を削ったりなど治療中に神経に対してさまざまな刺激を与えます。

刺激を受けた神経はダメージを受けているため、回復するためにはある程度の期間がかかります。

通常ですと1週間ほどで落ち着くケースが多いですが、ごくまれに数か月かかることもあります。

気になる場合は、治療したクリニックにご相談されることをお勧めします。

銀歯は金属のため熱伝導性が高い
金属は熱刺激を伝えやすい材質であり、極端に冷たいものや熱いものを食べたときにしみる感覚が出やすくなります。

特に治療後の敏感になっている神経の状態では、お痛みやしみる感覚を感じやすくなっています。

この症状は、1週間程度で落ち着いてきます。

一定期間経過した銀歯が痛む場合の原因

治療から一定期間の経過した銀歯が痛む場合は、一度歯科クリニックでの診察を受けることが望ましいです。

むし歯などの痛みの原因となっている疾患を、早い段階で発見して治療することが大切です。

銀歯の中でむし歯になっている
銀歯と歯の間にすき間ができて細菌が侵入し、そこからむし歯になってしまうことがあります。

レントゲン検査などを行い、銀歯を外して治療が必要になります。

銀歯の下が知覚過敏になっている
歯周病などが原因で知覚過敏が起こることがあります。

コーティング剤の塗布やレーザー治療で改善することもありますが、症状が消えない場合は銀歯を外して確認し、再治療となることもあります。

部分的な銀歯で残した神経が耐えられなくなった
むし歯治療の際、できるだけ神経を残して治療を行いますが神経の回復能力が足りない場合、お痛みが出ることがあります。

ズキズキとしたお痛みが続く場合は神経を取り、消毒して再治療を行うことになります。(症例により治療内容は異なります)

過度な歯ぎしりや食いしばりの癖がある
歯ぎしりや食いしばりで歯の根元が削れることがあります。

削れた部分が知覚過敏のようにしみることがありますが、歯ぐきとの境目に詰め物(コンポジットレジン)をして様子をみることが多いです。(症例により治療内容は異なります)

隣在歯がむし歯や知覚過敏になっている
銀歯の隣にある歯がむし歯や知覚過敏になっているにも関わらず、銀歯の部分が痛いと感じることがあります。

痛みの場所をきちんと特定し、必要に応じて治療を行います。

お口の中に銀歯が入っているリスクとは

保険が適用される銀歯ですが、金属を使用した治療であることから実はいくつかのリスクがあります。

歯ぐきを黒くしてしまう
唾液の水分によって金属がイオン化し、歯ぐきに黒く浸透してしまうことがあります。

銀歯が原因で歯ぐきが黒ずんだ際の治療法としては、金属を使用しない材質に交換することで改善させることが多いです。また、深く浸透している場合は歯ぐきを電気メスでカットすることもあります。

むし歯や歯周病になりやすい
銀歯に使用されている金属は汚れが付きやすく、傷がつきやすいので細菌が繁殖しやすい環境になります。被せ物と歯の間にむし歯菌が侵入し、むし歯になってしまうことがあります。

日常のブラッシングはもちろん、歯科クリニックでの定期的なクリーニングも重要です。

金属アレルギーの心配がある
銀歯が入っていることで、口腔内だけではなく体内に金属が蓄積して金属アレルギーを引き起こすことがあります。

近ごろでは、銀歯をセラミックなど金属を使用していない被せ物に交換するケースも増えています。

銀歯の再治療にはセラミック治療がおすすめ

銀歯はその独特の金属色がお口を開けた際にも目立ってしまい、審美性にも欠けてしまいます。

また、金属を使用することによる身体へのリスクもあるため、一度銀歯を入れた方がセラミックの材質で治療のやり直しをするケースも増えています。

セラミック治療のメリット
・金属アレルギーや金属のリスクを回避できる
・金属アレルギーの方も安心して治療を受けることができる
・歯ぐきの黒ずみの心配がない
ナチュラルな若々しい白い歯に仕上がる
・長く白い歯をキープできる

セラミック治療のデメリット
・保険診療外のため費用が自費となる

銀歯を白いセラミックにすることで、お口もとが若々しい印象になる・身体へのリスクを回避することにつながります。

まとめ

今回は銀歯が痛む場合の原因と、意外と知らない銀歯のリスクについてご紹介しました。

銀歯にお痛みがあり歯科クリニックに行かれた際、再治療が必要と言われた際は一度セラミック治療による再治療もご検討されても良いかもしれません。

ナチュラルな白い歯に仕上げることができるだけでなく、金属による健康被害を回避することにもつながります。

ホワイトホワイトでは、セラミック治療による銀歯の再治療にも力を入れております。全店舗で無料カウンセリングをお受けいただけますので、銀歯の再治療についてもお気軽にご相談ください。

[記事提供:ホワイトホワイトビューティー(https://whitebeauty.tokyo/)]

記事監修:石井先生
店舗:恵比寿本店・LUMINE新宿店・LUMINE有楽町店
銀歯の再治療についてはこちら:https://whitebeauty.tokyo/ceramic/ginba-siroku

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

・今すぐ読みたい→
脱・老け顔のために!口もとまわりのたるみ・しわの原因と解消法って?(https://cocokara-next.com/lifestyle/causes-of-slack-and-wrinkles-around-the-mouth/)

銀歯が痛い!考えられる原因と「思わぬリスク」とは