ハムスターは、Nintendo Switch向けに同社が運営するアーケードアーカイブスにおいて、2月27日(木)よりアーケードアーカイブス 沙羅曼蛇(サラマンダ)』の配信を開始することを発表した。価格は838円(税込)。なお、本作のPS4版はすでに、2015年11月から配信されている。

アーケードアーカイブス』 は、アーケードゲームの名作を忠実に再現することをコンセプトに開発を行っている復刻シリーズ。今回配信される沙羅曼蛇は、1986年に当時のコナミ工業より発売された横スクロール画面のシューティングゲームだ。

 本作はシューティングゲームの名作グラディウス(1985)のシリーズ続編にあたるとともに、派生となる『沙羅曼蛇シリーズの第1作でもある。ふたり同時にプレイができる機能や、縦横両方のスクロール画面、クリアするごとに地形や難易度が変わっていくゲームシステムなど、『グラディウス』と異なる特徴を持つ。

 『アーケードアーカイブス 沙羅曼蛇』では、海外向けにアレンジされた北米版LIFE FORCE』(1986)と、それを逆輸入した日本版ライフフォース(1987)の2作品も収録されている。それぞれの作品で少しづつ異なる仕様の違いを楽しめるのも本作の魅力だ。

 『アーケードアーカイブスシリーズではおなじみの難易度変更機能や、ブラウン管テレビの雰囲気を再現する画面設定などのオプション機能も、もちろん充実している。また、世界中のプレイヤースコアを競えるオンラインランキングもあるので、自信があればハイスコアの更新を極め、ランキングの上位を目指してみるとよいだろう。

ライターヨシムネ

ヨシムネ
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。