英王室からの離脱が3月31日に迫っているメーガン妃だが、実父トーマスさんは娘の決断を快く思っていないようだ。現地時間25日にメキシコで突撃取材を受けたトーマスさんは「メーガンは女王や英国民をバカにしている」と実の娘への嫌悪感をあらわにした。

今年1月に高位王族からの引退意志を表明し、世界中を驚かせたヘンリー王子・メーガン妃夫妻。現在はカナダブリティッシュコロンビア州の豪邸に滞在しつつ、富裕層とのネットワークや新組織設立の基盤作りに余念がない様子だ。

昨春バッキンガム宮殿に設立したオフィスは3月31日をもって正式に閉鎖される予定で、夫妻と英王室の関わりはより希薄になる一方だ。そんな決断を下した娘夫妻について、メーガン妃の実父トーマスさんは度々メディアに登場しては「失望した」と落胆の意を示していたが、現地時間25日にメキシコ・ロサリトの街で『TMZ』の突撃取材を受けて実の娘への怒りをあらわにした。

オフィス用品などを扱う大型店「オフィス・ディーポ」の駐車場で、店から出てきたところを突撃取材されたトーマスさん。「メーガンは“ロイヤル”という言葉を引き続き使用する権利はあると思いますか?」とのレポーターに問われ、彼は次のように答えるのだった。

「私は今、メーガンとハリーに対してとても腹が立っているんです。」
「2人は“ロイヤル”という言葉を使うべきではないし、女王に対してあんな話し方をするべきではありません。女王や英国民をバカにしていると思います。」

「あんな話し方」とは、ヘンリー王子・メーガン妃夫妻が今月21日に公式ウェブサイトSussexRoyal.com」で発表した声明のことを指している。夫妻は「今後は“ロイヤル”は使用しない」ことをウェブサイトに記した際に

「君主や内閣府には、海外での“ロイヤル”の文言の使用可否について権限はありません。」

と余計な1文を添えたのである。この文章は「文言使用停止の決断に至ったのは、エリザベス女王から“命令”があったからではなく、あくまでも自分達の意志によるもの」とも受け取れることから、

「女王を見くびるとは大した度胸。」
「まったく最後まで厚かましい2人だ。」

と猛バッシングを浴びたのであった。

トーマスさんはまた、

「娘は結婚式の前日に私を見捨てました。私の家族、ドリア(メーガン妃の実母)の家族のことも見捨てました。」
「そして今度は、英国の家族のことも見捨てたのです。」

と大切な人達との関わりを次々と絶っていくメーガン妃の“やり方”を非難した。

このたびのトーマスさんのコメントには

「いつまでも娘のネタで金稼ぎとはね。」
「いい加減メーガンをそっとしておいてやれ。」

といった批判も見られたが、

「今回ばかりはトーマスの意見に賛成。」
「自分が家族を捨てただけじゃ飽き足らなくて、ヘンリーにも王室と縁を切るように仕向けたんだからね。」
「一番の被害者は、親戚を知らずに育つアーチーだよ。」

などトーマスさんに同意する声、また彼を同情するコメントが多く寄せられている。「血は水よりも濃い」ということわざは、やはりマークル家にはまったく当てはまらないようだ。

画像は『TMZ 2020年2月25日InstagramMeghan Markle’s dad is PISSED at the way she’s treating Queen Elizabeth, and the entire Royal Family, but he isn’t surprised」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 c.emma

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト