佐野勇斗と飯豊まりえがW主演をつとめるAbemaTVの最新オリジナルドラマ『僕だけが17歳の世界で』第1話が、2月20日に放送された。

『僕だけが17歳の世界で』は、幼馴染の航太(佐野)と芽衣(飯豊)が、お互いに“好き”という気持ちに気づくも、想いを伝えることなく突然航太が亡くなってしまい、季節外れの桜が咲く期間だけ戻ってくるファンタジー・ラブロマンス

誠実でピュアな航太と曲がったことが嫌いな芽衣は、家が隣でずっと一緒に過ごしてきた幼馴染の高校二年生。お互いに好きという気持ちに気づくも想いを中々伝えられずにいた。

ある日芽衣の提案で、クラス仲良しメンバーである航太・伊織(結木滉星)・はるか(大友加恋)・亮平(渡辺佑太朗)を誘って流星群を見に行こうと誘う。しかし夕方になると雨が降ってしまい結局中止に。あきらめきれない芽衣は航太を夜中に誘いだし学校の屋上で2人で見ることになると、そこで思わぬ急展開が起きて…。

幼馴染という絶妙な距離感が急に進展する瞬間に、視聴者からは、「こんな幼馴染欲しかった・・」
「航太と芽衣が可愛すぎる」「ドキドキ感がたまらない!!」「屋上のシーン心臓止まるかとおもった!!」など興奮ぎみのコメントAbemaTV内のコメント欄とSNS上に数多く投稿された。

24歳になった芽衣は、都内で働くOLだったが不倫で職場をクビになってしまう。その夜目に飛び込んできたのは、自宅で地元の長野県に季節外れの桜が咲いたとのニュースだった。“花が咲いている間に告白して結ばれたカップルはずっと一緒にいられる”というジンクスがある桜の木は、芽衣にとっては思い出の場所。翌日思い立ったかのように、地元へ向かった。

17歳の高校時代、想いを寄せていた幼馴染の航太は、桜の木の下で芽衣に想いを伝えようと勇気を出して呼び出したのだが、伝えられないままこの世を去ってしまったのだった。

1話の後半にかけて映し出される、怒涛の衝撃展開に、「ついに想いを伝える!と決めた佐野くんの姿が素敵だった」「前半が楽しい雰囲気だったからまさかすぎる・・」「状況が理解できないくらい衝撃・・」などのコメントも。また、現実を受け止められずに航太を想い涙する芽衣の姿に「佐野くんの笑顔の写真見たら悲しさ半端ない」「後半ずっと泣いていた」「まりえちゃんの演技力に引きこまれた」「悲しい・・幸せになってほしかったのに」など視聴者から“1話からこんなに泣けるなんて”という内容のコメントが多く寄せられた。

24歳になった芽衣が再び桜の木の下を訪れた時、芽衣の目の前にはあの頃の「17歳のまま」の航太が登場する。一体、航太はなぜそのままの姿で今になって現れたのか?あの日、本当はなにがあったのか?2人の恋の行方はどうなるのか?

気になる第2話は2月27日(木)よる11時から放送。どうぞお楽しみに!

©AbemaTV

関連画像キャプション