フォークダンスDE成子坂の桶田敬太郎さんが、昨年11月23日に亡くなっていたことがわかった。

桶田さんが取締役を務めていた芸能・制作プロダクションホームページに掲載された訃報の全文は次の通り。 

「弊社取締役 桶田敬太郎は、広く創作活動に勤しんで参りましたが、昨年11月23日に病により永眠いたしました。なお、葬儀と七七日法要は故人の遺志により近親者のみで相済ませました。また、お別れの会などの予定はございません。ここに故人が生前中賜りましたご厚誼に心より御礼申し上げます」

桶田さんは1990年、村田渚さん(2006年に逝去)とフォークダンスDE成子坂を結成し、ホリプロよりデビュー1991年テレビ初出演を果たし、そこからテレビラジオ、舞台とさまざまな方面で活躍した。中でも「タモリボキャブラ天国」(フジテレビ系)では、爆笑問題アンジャッシュ海砂利水魚(現在のくりぃむしちゅー)、ネプチューンらと並び人気を博した。

フォークダンスDE成子坂は1999年の活動をもって解散。その後、桶田さんは音楽活動や放送作家・構成作家、ライター業などを行っていた。