◆こんな活動を通じてヨコハマトリエンナーレ2020に参加!
会場の案内だけでなく、作品メンテナンスサポート、体験型の作品を鑑賞していただく際の補助など、展覧会の運営自体にご参加いただきます。
・展示作品のメンテナンスサポート
・「体験型作品」鑑賞の補助や誘導
・「鑑賞支援ツール」の利用案内
・「インフォメーションカウンター」での対応
・次会場へのアクセス案内 など

◆募集概要
・募集人員:300
・募集期間:2020年3月11日(水)から ※先着順(定員に達し次第受付終了)
・申込み方法:WEBサイトの「活動概要」「募集要項」の詳細をご確認の上、申込みフォームをご利用ください

ホスピタリティサポーター 申込みWEBサイトhttps://www.yokohamatriennale.jp/supporter/
お問い合わせ先:横浜トリエンナーレサポーター連絡窓口
TEL 045-228-7816 (11:00~17:00 不定休) E-MAIL info@yokotorisup.com
ヨコハマトリエンナーレ2020「ホスピタリティサポーター」募集詳細


【活動について】
■活動内容
・作品メンテナンスサポート
メンテナンスの欠かせないインスタレーション作品の展示サポート
・「体験型作品」鑑賞の補助や誘導
―触ることができる作品、靴を脱いで鑑賞する作品、一人ずつ鑑賞
する作品など鑑賞において注意や手助けが必要な場合の補助や誘導
・「鑑賞支援ツール」の利用案内
―来場者の作品鑑賞を手助けするツールの利用方法を案内します
・「インフォメーションカウンター」での対応
―問い合わせ、スタンプラリー、その他情報提供
・次会場へのアクセス案内 など
*活動内容は変更する場合があります。
■活動期間2020年7月2日(木)~10月11日(日)
■活動場所:横浜美術館プロット48
■活動条件
横浜市市民活動保険が適用されます(個人負担はありません)。
・ホスピタリティサポーター活動に交通費等の支給はありません。
■研修(ホスピタリティサポーター研修プログラム):
2020年6月実施 *日程は決定次第ご案内します
*同内容のものを複数回実施予定ですので、いずれか1回、受講いただきます。
会場は横浜美術館を予定しています。

【募集要項】
■応募条件

・「横浜トリエンナーレサポーター」に登録されている方
*未登録の方はこちらからご登録ください
https://www.yokohamatriennale.jp/supporter/entry/
現代アート、横浜トリエンナーレに関心があり、活動意欲のある方
・「ホスピタリティサポーター研修プログラム」に参加できる方
・ホスピタリティサポーターとして、活動期間中、概ね週1日以上の参加が可能な方  
日本語での日常会話、コミュニケーションが可能な方  
・満16 歳以上である方。ただし、18 歳未満の場合は、保護者の同意を必要とします  
・「横浜トリエンナーレサポーター規約」を遵守していただける方  
・ご自身でメール連絡ができ、word操作、PCでメールの送受信ができる方(シフト希望表などデータの送受信があります)  
・活動中の記録写真・映像等を横浜トリエンナーレ組織委員会の広報媒体や報告書(WEBサイトを含む)、
その他の媒体等で使用することをご了承いただける方
■募集人員300
■募集期間2020年3月11日(水)から  *先着順(定員に達し次第受付終了)
■研修プログラム参加費用:無料
■申込方法:下記のお申込みWEBサイトの申込フォームからお申込みください。
ヨコハマトリエンナーレ2020「ガイドサポーター」へのご登録の有無をお答えください。
・英語ほか外国語や手話などでトークが可能な方は、資格や経験を記載してください。
・参考までにボランティア経験があれば、美術館や展覧会名、期間、どのようなガイドをされたのかなどを
お聞かせください。(横浜トリエンナーレ以外でも構いません)

ホスピタリティサポーター・お申込みWEBサイトhttps://www.yokohamatriennale.jp/supporter/
お問い合わせ先:横浜トリエンナーレサポーター連絡窓口
TEL 045-228-7816 (11:00~17:00 不定休)  E-MAIL info@yokotorisup.com

主催 横浜トリエンナーレ組織委員会

ヨコハマトリエンナーレ2020 概要】
ヨコハマトリエンナーレ2020「AFTERGLOW―光の破片をつかまえる」
展覧会会期:2020年7月3日(金)~10月11日(日)
※開場日数90日、毎週木曜日休場(7/23、8/13、10/8を除く)
会場:横浜美術館プロット48 
アーティスティックディレクター:ラクス・メディア・コレクティヴ(Raqs Media Collective)
主催:横浜市、(公財)横浜市芸術文化振興財団、NHK朝日新聞社、横浜トリエンナーレ組織委員会
公式WEBhttp://www.yokohamatriennale.jp Twitter:@yokotori_

配信元企業:横浜市

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ