その名を知らない人がいないほど、日本中から愛され続けるアニメドラえもん』。3月には劇場版最新作が公開されますが、かつての『ドラえもん』は今よりずっとトラウマ描写が多かったことをご存知でしょうか。

声優交代から早くも十数年が経つ『ドラえもん』ですが、大山のぶ代さん時代の映画には国民的アニメらしからぬ“トラウマ描写”がいっぱい。そこで今回は、SNS上で特に反響の大きかったトラウマ3選”をご紹介しましょう!

映画ドラえもん35周年記念サイト
映画ドラえもん35周年記念サイト

映画ドラえもん35周年記念サイト1980年に公開の記念すべき第1作「のび太の恐竜」から最新作「のび太の宇宙英雄記スペースヒーローズ)」までの、ストーリーゲストキャラクター予告編キャストスタッフの情報などを掲載

じつはのび太は1回死んでいる!?

まずは1999年公開の映画『ドラえもん のび太の宇宙漂流記』をピックアップ。同作のトラウマシーンといえば、幻惑の星での出来事を連想する人が多いのではないでしょうか。

ある日、ひょんなことから宇宙を漂流する羽目になったドラえもんたち。しかし不時着した星に降り立つと、そこにはいつもの見慣れた風景が。

思わず“地球に帰ってきた”と喜ぶ一行でしたが、じつは全て幻惑の星が見せた“幻”。のちにのび太たちのママとパパになりすました“木の化け物”が姿を現わし、恐ろしい形相で一行に襲いかかります。

大長編ドラえもん (Vol.19) のび太の宇宙漂流記 (てんとう虫コミックス) (157185)

ドラえもん のび太の宇宙漂流記

via 大長編ドラえもん (Vol.19) のび太の宇宙漂流記 (てんとう虫コミックス)

この木の化け物の顔が異様に恐ろしく描かれており、子供心に恐怖を覚えた人が多かった様子。ネット上には「幻惑の星は今見ても『ヒェッ』ってなる」「あれは子どもが見たらイカン。怖すぎるwww」などの反響が上がっていました。

また“怖い”という意味では1994年公開の映画『ドラえもん のび太と夢幻三剣士』も負けていません。

同作は“夢幻三剣士”という夢の世界が物語の舞台に。

その先で妖霊大帝オドロームを倒す旅に出るものの、オドロームの強靭な力には白銀の剣とかぶとを手に入れたのび太でさえ手も足も出ず……。オドロームの攻撃によって“塵となったのび太のび太の死”視聴者に大きな衝撃を与えました。

映画ドラえもん のび太と夢幻三剣士【映画ドラえもん30周年記念・期間限定生産商品】 [DVD] (157181)

映画ドラえもん のび太と夢幻三剣士映画ドラえもん30周年記念・期間限定生産商品】 [DVD]

via 映画ドラえもん のび太と夢幻三剣士映画ドラえもん30周年記念・期間限定生産商品】 [DVD]

一方1993年公開の『ドラえもん のび太とブリキの迷宮ラビリンス』にもかなりのトラウマシーンがあるとのこと。

ドラえもんの拷問シーンについて、ネット上でも「全く言い分を聞いてもらえず、一方的に電流を浴びせられるドラえもんの姿は未だにトラウマ……」「怖いっていうか、ただただドラえもんが可哀相」「拷問された挙句、海に捨てられるんだよね。あの頃のドラえもんは本当容赦なかった」などの声が。

まだまだ氷山の一角に過ぎない『ドラえもん』のトラウマシーン。気になる方は、昔懐かしの旧ドラをぜひ見返してみては?

のび太は一度死んでいた!?『ドラえもん』映画のトラウマシーン3選