代替テキスト
(写真:代表撮影/ロイター/アフロ

英国のヘンリー王子が、主要王族として最後の公務に就くためカナダから一時帰国している。

Sun紙などの報道によると、スコットランドエディンバラで行われた持続可能な観光を促進する会議で、王子を壇上に呼び込む際に司会がこう発言したという。

「彼は単にハリーと呼んでほしいとはっきり表明しました。では、みなさん、温かくお迎え下さい。ハリースコットランドへようこそ」

ハリー」とはヘンリーの通称で、英語圏では公式な場においても「ハリー王子(Prince Harry)」と呼ぶのが通例となっている。今回の表明は、「もう自分は王子ではない」という強い意思表示だと考えられる。王位継承順第6位であることに依然変わりはないが、王室との距離は物理的にも心情的にも離れる一方だ。

今後は日本のメディアも「ヘンリー王子」ではなく「ヘンリー氏」「ヘンリー元王子」などと呼ぶことになるのかもしれない。